Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2020/10/16

介護福祉士の養成校、外国人留学生の入学が過去最多に 日本人は最少

no-image.jpg

介護のみらいラボ編集部コメント

介護福祉士養成校で、2020年度入学した外国人留学生数が2395人と過去最高になりました。
日本人は4647人と過去最少。介護福祉士養成校自体の数も劇的ではないものの減少傾向にあります。これから多国籍の介護職が快適に働けるよう、介護現場で外国人介護士受け入れについてのノウハウを積み上げていく必要がありそうです。

介護福祉士を育てる大学や専門学校などの養成校へ今年度に入学した外国人留学生が過去最多にのぼったことが、日本介護福祉士養成施設協会が15日に公表した調査結果で明らかになった。【Joint編集部】

2037人だった昨年度より358人多い2395人。全体に占める割合は34.0%まで上昇した。協会は新型コロナウイルスの影響について、「日本語学校に通うなどして、もともと国内にいた留学生が多い。それほど大きく表れなかった」と説明した。

令和2年度介護福祉士養成施設の入学定員充足度状況等に関する調査の結果について

逆に日本人の入学者数は過去最少を記録。減少に歯止めがかからない状況が続いている。

協会が公表したデータは以下の通りだ。留学生はこの5年で9.3倍に増加。その恩恵で入学者の総数は2年連続で増えた。

養成校の施設数は大幅減。なかなか生徒が集まらない厳しい状況が背景にあるとみられる。入学定員数も768人減で過去最少を更新。定員減を要因に充足率は50%台を回復した。

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア