Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/06/22

#在宅協#人事#介護#介護施設

日本在宅介護協会の新会長にニチイ学館・森信介社長が就任

20210622_02.jpg

会長に就任した森信介氏

介護のみらいラボ編集部コメント

日本在宅介護協会(在宅協)に森信介・ニチイ学館代表取締役社長執行役員が就任することが理事会で決議されました。前会長市川アイケア代表取締役会長は、任期満了で退任しました。

日本在宅介護協会(在宅協、本部・東京都新宿区)は18日の理事会で、新たな代表理事(会長)に森信介・ニチイ学館代表取締役社長執行役員が就任することを決議した。前会長の市川明壽・アイケア代表取締役会長は任期満了で理事を退任した。【齋藤栄子】

森会長は就任あいさつで、在宅介護が果たすべき社会的役割の大きさを認識し、会員企業等との協働により、社会課題の解決に資する持続可能なサービスの提供に努めるとともに、「現場」を支える介護職員が「やりがい」と「希望」を持って働くことができる環境づくりを通じ、介護業界の健全な発展につなげたいとした。

また、常にイノベーションを起こす協会であり続けるために、事業主体や業界の枠を超え、さまざまな分野と連携し、時代に合わせた新たなサービスの形成に寄与する方針を掲げた。 

在宅協は民間介護事業者団体で、2020年9月時点の会員法人数は約230法人、会員法人の介護サービス従事者は約15万人。

(関連記事 記事上部#タグでも関連記事の表示ができます)

弁護士とやさしく学ぶ介護の法律 第6回 「転倒と身体拘束の悩ましい問題」介護の裁判判例解説

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:医療介護CBニュース

SNSシェア