Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/11/22

#調査結果#介護人材

21年度介護留学生、前年度比206人減の2,189人~介養協調査

介護のみらいラボ編集部コメント

日本介護福祉士養成施設協会(介養協)の調査によりますと、介護福祉士養成施設への2021年度入学者数が、前年度よりも135人増の7,183人となり、3年連続で増加していることが判明しました。これまで減少の一途をたどっていた日本人の新卒者等が増加に転じ、同347人増の4,288人。反対にこれまで右肩上がりだった外国人留学生は2,189人と、前年度よりも206人減少しています。

 介護福祉士養成施設への2021年度の入学者数が、前年度よりも135人増の7,183人となり、3年連続で増えたことが日本介護福祉士養成施設協会(介養協)の調査で分かった。このうち、減少の一途をたどっていた日本人の新卒者等が増加に転じ、同347人増の4,288人となり、全体を底上げした一方で、右肩上がりに増えていた外国人留学生は2,189人と、前年度よりも206人の減少だった。【齋藤栄子】

 調査に回答した養成施設数(課程)は327施設(20年度347施設)、入学定員数は1万3,040人(同1万3,659人)。

 直近5年間の入学者数推移は、▽16年度7,752人▽17年度7,258人▽18年度6,856人▽19年度6,982人▽20年度7,048人。このうち、日本人の「新卒者等」は、▽16年度6,060人▽17年度5,360人▽18年度4,847人▽19年度4,180人▽20年度3,941人。

 「外国人留学生数」は、▽16年度257人(国数15)▽17年度591人(16)▽18年度1,142人(20)▽19年度2,037人(26)▽20年度2,395人(20)-となり、21年度は28カ国から2,189人が入学した。

 外国人留学生の出身経路は、すでに日本に在住している国内の日本語学校からの入学が1,834人で、国内の日本語学校を除く他校からの入学が141人、その他50人だった。出身国からの直接入学は164人。直近の出身経路は、19年度は日本語学校からの入学が1,714人、出身国からの直接入学が152人、20年度の日本語学校からの入学が2,002人、出身国からの直接入学が190人だった。

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:医療介護CBニュース

SNSシェア