Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2022/07/20

#処遇改善#介護報酬

22年度の処遇改善状況調査実施案を大筋了承~社保審(介護事業経営調査委)

介護のみらいラボ編集部コメント

7月14日、社会保障審議会(介護給付費分科会)の「介護事業経営調査委員会」は、2022年度「介護従事者処遇状況等調査」の実施案を了承しました。 調査実施は12月、結果公表は2023年4月頃の予定で、従来からの「介護職員処遇改善加算」等に加えて、「介護職員処遇改善支援補助金」と「介護職員等ベースアップ等支援加算」の影響も検証するとしています。

社会保障審議会(介護給付費分科会)の「介護事業経営調査委員会」は714日、2022年度の「介護従事者処遇状況等調査」の実施案を大筋で了承した。今回は、従来からの「介護職員処遇改善加算」等に加えて、「介護職員処遇改善支援補助金」と「介護職員等ベースアップ等支援加算」の影響も検証する。調査の実施は12月、結果の公表は234月頃の予定で、24年度の次期介護報酬改定の基礎資料として活用する。

調査対象は、▶介護老人福祉施設、▶介護老人保健施設、▶介護療養型医療施設、▶介護医療院、▶訪問介護事業所、▶通所介護事業所、▶通所リハビリテーション事業所、▶特定施設入居者生活介護事業所、▶小規模多機能型居宅介護事業所、▶認知症対応型共同生活介護事業所―の各施設・事業所と、そこに所属する介護従事者等を層化無作為抽出法によってそれぞれ抽出する。

施設・事業所の調査では、新型コロナウイルス感染症が運営に及ぼした影響や、給与の状況、「介護職員処遇改善加算」と「特定処遇改善加算」の届出状況などに加え、介護職員1人当たり9000円(月額平均)の賃上げを目的とした「介護職員処遇改善支援補助金」(2229月の賃上げ分)と「介護職員等ベースアップ等支援加算」(2210月以降の賃上げ分)の届出状況も把握。具体的には、補助金・加算による賃金改善の実施方法や、処遇改善を行った職員の範囲、補助金・加算の届出を行わなかった場合はその理由―などを調べる。

これに対応して、介護従事者等の調査でも、補助金創設前の2112月とベースアップ等支援加算導入前後の229月および2212月の3時点の給与額等を調査項目に加えることにした。

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:Web医事新報

SNSシェア