Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2024/06/27

#不文律#今日は何の日?#塩まき#大相撲#大相撲名古屋場所#幕下力士#愛知県#昭和35年#柏戸#清めの塩#神事#立浪親方#羽黒山#若秩父#金山体育館

【今日は何の日?】6月27日=大相撲名古屋場所で幕下力士が塩をまく(1960年)/ 雑学ネタ帳

06月27日(塩をまく力士).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

64年前の1960(昭和35)年。愛知・金山体育館にて開催中の大相撲名古屋場所の3日目、幕下の力士が取組み前に土俵で塩をまくという、非常に珍しい光景が見られました。

あまり知られていませんが通常、塩をまくことが許されるのは「関取」と呼ばれる十両、幕内以上の力士のみです。

立浪親方(元横綱・羽黒山)の説明によると「幕下の取組みが終わり、十両が入るまで20分以上も休息時間がある。これではムシムシする館内でお客さんに待っていただくのは悪いから、幕下に塩をまかせて時間を稼ぐことにしたのだ」とのこと。時間調整のためだったのです。

現在では「スポーツ」のカテゴリーにくくられがちな大相撲ですが、その起源はスポーツの概念よりも古く、五穀豊穣を願う神事こそが発祥となります。取組み前、土俵に塩がまかれるのも邪気を払う「清めの塩」という意味があります。

まず明文化された「ルール」という枠組みありきのスポーツとは違い、大相撲は多くの不文律によって進行していくという特徴があります。番付や取組みの編成、本場所の興行をキッチリと午後6時に終わらせるための時間調整etcと、時に外部からはファジーにも映る多くの微調整によって成立しているのも大相撲の魅力なのかもしれません。

なお、この日は当時、「豪快すぎる塩まき」で人気となっていた若秩父(東前頭4枚目)が関脇・柏戸(のちの第47代横綱)を下し、喝采を浴びたそうです。

 参照 : 昭和35年6月28日付の読売新聞朝刊

  文 / 高木圭介

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事