株式会社明昭/施設長インタビュー

株式会社明昭/施設長インタビュー

どんな人にも適切な介護を。経験知も介護スキルも向上する環境です

プロフィール

すみだ明生苑 施設長
加藤 博幸さん

2006年新卒入職。東京リゾート&スポーツ専門学校卒。入職後、草加明生苑、輝明生苑しのざき、グランヴィ神楽坂等を経験後、施設長研修を経て2013年、すみだ明生苑のオープンに伴い施設長に就任。バイタリティあふれる気さくな人柄で信頼されている。

現場の声を集約して「心も身体もその人らしく」を施設の理念に

御社が運営する介護施設の特色は何ですか。

他社施設に比べて「医療バックアップ体制」がしっかりと取れているところです。急性期医療を行っている医療法人が経営母体となっており「内科・外科・脳神経外科・整形外科・心臓血管外科」など、高齢者様に必要とされる診療科目に対応できる病院がバックアップしてくれます。このことは入居者様は勿論、施設で働くスタッフにとっても「安心」を得られております。夜勤帯の救急対応も確実に行えますので「スタッフが病院を探す」「たらい回しになって困る」というようなことはありません。「安心して働ける」というのが、当社の強みです。

専門学校では福祉スポーツコースで学び、在学中に初任者研修の資格も取得。スポーツを軸に福祉への関心は高かったが、「それまで高齢者のリハビリといえば暗いイメージしかありませんでした。ですが当社の施設見学をしてみると、フィットネスクラブさながらの集団体操に熱中する入居者様を見て固定観念が一新」と振り返る。「ここしかない」という熱い想いを今も持ち続けている。

会社としての企業理念は。

「現場第一主義」です。私が施設長として勤務している「すみだ明生苑」では ‘こころも身体も元気にその人らしく‘というコンセプトを掲げております。介護スタッフの「声」を主任が取り纏め、施設長と介護主任、さらにはリハビリ課・調理課などの各部署の意見を集約し決めました。施設の方向性を現場で考え、「みんなで施設をつくる」という想いを込めています。施設見学にお越しいただけるとわかりますが、入居者様やそのご家族様からは「フィットネスクラブの様な施設ですね」と言われます(笑)

働くモチベーションを維持させるための職場づくりに注力

御社の魅力を教えてください。

まずはご家族の方に感謝され、施設介護のやりがいを感じられることです。共働きが増えた今、自宅での介護はなかなか難しく、ましてや医療依存度の高い方ならなおさらです。入居者様とご家族の安心を担っているという使命感はどこよりも強いはずです。もう1つは給与水準で、おそらく年収においては、大手の介護事業者と比べても遜色ありません。介護には低賃金のイメージがありますが、当社では無縁ですね(笑)。またキャリア志向の方にとっては、良い意味で実力主義であることも魅力でしょう。入職年次に関係なく昇進しますので、たとえば2015年に入職した介護職が、フロアリーダーから副主任と昇格して、4年目の今はすでに主任というケースもあります。もちろん、ずっと現場で入居者様に寄り添いたい方も大歓迎です。その人らしく働けるような職場づくりを心がけています。

専門学校では福祉スポーツコースで学び、在学中に初任者研修の資格も取得。スポーツを軸に福祉への関心は高かったが、「それまで高齢者のリハビリといえば暗いイメージしかありませんでした。ですが当社の施設見学をしてみると、フィットネスクラブさながらの集団体操に熱中する入居者様を見て固定観念が一新」と振り返る。「ここしかない」という熱い想いを今も持ち続けている。

最後に転職者の方にメッセージをお願いします。

明るくて居心地の良い職場であるのは間違いないと自負しています。私も入職前に当社施設の見学をしましたが、それまでの介護のイメージを覆すハツラツとした雰囲気に驚いたものです。ですから、まずは一度見学に来て、直接この雰囲気を肌で感じていただきたいですね。また当社では資格取得の支援制度が充実しているので、資格をお持ちでない方も一からスタートできます。介護という仕事に意欲があり、思いやりのある人なら、きっと自分らしく働けるはずです。