株式会社ベネッセスタイルケア/研修制度について

株式会社ベネッセスタイルケア/研修制度について

中途入社の方に特化した研修で当社が求める“介護のまなざし”が身につきます

プロフィール

エリア介護職サービス推進本部 部長
中村志野さん

大手企業の人事部を経て2001年入社。人事のほか介護現場に携わる本部部門でさまざまな経験を積み、2019年から現職。人材育成担当として教育体制や研修内容づくりに関わる。とくに力を入れている中途入社研修では今年度、より実践的な改善を進めている。

介護に求められる「コミュニケーション」を体感的に学ぶ

御社では中途入社研修を実施されていますが、どんな内容ですか。

中途入社研修は2007年から開始していますが、今年度見直しを行い、新たにリニューアルスタートしました。具体的な流れに沿って話すと、まず入社時研修では座学と技術研修を行います。そのなかで、今年からはとくに「コミュニケーション」研修に力を入れています。なぜなら介護現場で最も重視されるのはコミュニケーションだからです。
研修では、「なぜコミュニケーションが大切なのか」をきっかけに、ご入居様様との『言葉を使わないコミュニケーション』を通してどんなことが起きるか、またスタッフとのコミュニケーションはどうするかなど、テーマ別に深く学んでいきます。

中途入社の導入研修は配属前の6日間実施し、座学と技術研修をそれぞれ3日間行う。技術研修は同社の「介護技術ガイドライン」に沿って行われ、ベッドから車椅子への移動などをご入居者様に扮して体験もする。「まるで自分が動いたかのように感じる介護技術の修得を目指しており、そのための根拠をしっかり教えています」と中村さん。

『言葉を使わないコミュニケーション』とはどういうものですか。

それを理解していただくために、人と人の間の適切な距離、いわゆるパーソナルスペースから体感してもらっています。たとえば、実際に2人が向かい合って遠くから歩き、ほどよいと感じる距離でストップしてもらいます。そうするとそれぞれ心地良い距離が違うのですね。ですが介護の業務では、自分のパーソナルスペースを越えなければなりません。ご入居者様のパーソナルスペースにも踏み込みます。そのときの態度、仕草や表情といったものがどれだけ相手に影響を与えるのか。ご入居者様の日常の何気ない行為からも多くの気づきを得ることができ、これは当社のケアの考え方にのもとにも繋がっていきます。

研修は当社の理念に共感し、いきいきと働くための大切な機会です

以降の研修はどんな内容ですか。

プログラムとして3か月後研修、8か月後研修を行っています。3か月目はこれまでの仕事の取り組みが一段落して、立ちどまって考えたくなる時期。同じ月に入社した仲間が集まり、これまでの振り返りを行うとともに、悩みを出しあって同期の絆を深めています。一方、8か月目は個々人のスキルや経験によって「思い」にばらつきが見られる時期です。そこであらためて介護の仕事をする意味と、当社がどんな介護を実現しようとしているか、率直にお話ししています。中途入社研修はここまでで、その後は当社の各種研修に参加して専門性を磨いていきます。

介護に求められるコミュニケーションを重視し、その考え方や実際の表現方法といった様々な面から研修を行っている。「介護は『人対人』の仕事なので専門性を支える1要素として強化しました。ご入居者様はもちろん、スタッフ同士のコミュニケーションをはじめ一般的な対人関係においても役立ちます」と中村さん。

研修の前後で変化は見られますか。

初心者の方にとって研修は、「自分に介護ができるだろうか」という不安を解消し、自信を養うために役立っているようです。経験者の方は、「ベネッセスタイルケアの介護」に期待して入社される方が多いのですが、当社の理念が本当に実現できているのか心配される方もいます。当社は理念重視の会社なので真面目な人が多く集まるのですが、経験者のなかでそうした人ほど、「私が率先して頑張らなきゃ」と自分ひとりで仕事を抱え込む傾向が見られます。しかし、ほとんどの方がコミュニケーション研修、グループ研修と進むにつれ、皆の話を聞き、仲間と一緒に考えるという姿勢に変わりました。手応えをつかんだ方が多かったのか、自然と拍手が湧くこともしばしばです。せっかく当社で働いていただくからには、どんな方も明確な理念のもとにやりがいを持っていきいきと活躍してほしい。中途入社研修はそのための大切な機会だと考えています。

企業紹介

2003年に設立されたベネッセスタイル ケアは、入居型から在宅介護、人材・研修サービスまで幅広い高齢者介護サービス事業をはじめ、高齢者住宅事業、保育事業などを展開しています。「その方らしさに、深く寄りそう。」という事業理念を大切に、介護サービスではベネッセならではの考え方や、職員の働きやすさを追求した記録システムを開発し、お客様の自分らしい生き方を支えています。教育や生活事業を全国展開するベネッセコーポレーションを筆頭とするベネッセグループの一員であるため、福利厚生や教育研修制度はもちろん万全。とくに研修については、中途採用の方のための専門研修が設けられているのも安心です。キャリアパスも多彩で、現場から採用やマネジメントの本部職、さらに保育事業へのジョブチェンジも可能。理念に共感いただいた上で、自分らしく輝ける方をお待ちしています。
設立2003年12月
本拠地東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリスビル5階
施設展開447 拠点 内訳 (入居介護事業319 在宅事業32 デイサービス6 保育事業53 学童事業27)
企業の特色株式会社ベネッセスタイルケアは、『進研ゼミ』や『こどもちゃれんじ』等、 教育・生活事業を全国に展開する株式会社ベネッセコーポレーションと同じベネッ セグループの会社です。「その方らしさに、深く寄りそう。」という事業理念のもと、高齢者介護サービス事業および、保育事業を展開しています。 介護事業も、20年という時を経て、介護のリーディングカンパニーとして大きく成長しました。有料老人ホームだけでなく、介護の相談室や介護食の宅配 サービス、海外事業など、超高齢社会を多角的に捉えて事業を創りだしています。

この企業のトップに戻る