社会福祉法人 福田会/生活支援員インタビュー

社会福祉法人 福田会/生活支援員インタビュー

職員同士の思いやりの気持ちが、 利用者様にも伝わっています!

プロフィール

(写真左から)成田 梨歌さん、島川 美樹さん

島川さん:2007年入職。生活支援員。2歳の子のママ。現在、時短勤務中。
成田さん:2014年入職。生活支援員。休日にママチャリで小旅行に行くのが趣味。

1から学び、どこに出ても通用するスキルが得られます

おふたりの入職動機を教えてくだい。

【成田】私は転職組。前職は老健に勤務していて、当時から障害者支援施設に興味を持っていたんです。見学した際の施設の雰囲気や、生き生きと楽しそうに働く職員の姿を見て“ここだ!”と思いました。

【島川】私は新卒入職。今の主人と結婚しようと思っていて、彼の住まいがある豊明市内で就職先を探したのがきっかけです。

【成田】入職に際して不安はありましたか?

【島川】学生の頃に障害児と接したことはあったけれど、移乗や食事介護の経験がなかったので、その点かな。

【成田】私は、まったく不安がなくて(笑)。実際、当施設は中途でも3ヵ月〜半年は指導職員が付いてくれるので安心。そして新人も3〜4年もすると、今度は指導の仕方も学ぶんですよ!

施設の職員の8割が生活介助スタッフ。正職員と準職員の比率はほぼ同数で、設立時からのベテランも複数名在籍している。利用者様も気さくに話しかけてくださる方が多く、職員との関係もとても良好。

今の仕事のやりがいは。

【島川】利用者様の笑顔を見るたびに、自分の成長を実感できる点です。この施設にはいろいろな障害の方、幅広い年齢層の方がいらっしゃるので、一人ひとりに合わせた介助スキルを習得できます。

【成田】利用者様ごとの目標やニーズを理解し、達成できた時にやりがいを感じます。笑顔と「ありがとう」の言葉が仕事の励みです。

【島川】この施設は「同性介助」が基本。女性スタッフの体力面の負担は少なくて済みますし、利用者様にも安心していただけると思っています。

長く働ける職場だから「生涯の友」も見つかります

産休・育休の実績も豊富と聞いています。

【島川】私も今、時短勤務で働いています。子どもが3歳になるまでは夜勤も免除してもらえますし、職場復帰も4月の保育園への入園まで待ってもらいました。妊娠8ヵ月目まで頑張っていたのですが、みんなが「無理しなくていいよ」といつも気をつかってくれていましたよ。

【成田】私は独身で彼氏募集中のため、参考にします(笑)。働く環境としては、前月の10日までに4日間の希望休を申請できるため、友人との遊びの計画なども立てやすいですね。プライベートも充実できます!

施設の職員の8割が生活介助スタッフ。正職員と準職員の比率はほぼ同数で、設立時からのベテランも複数名在籍している。利用者様も気さくに話しかけてくださる方が多く、職員との関係もとても良好。

そのほかにアピール点はありますか。

【成田】何といっても人間関係の良さはピカイチ。どこの施設にも負けないと思います。みんながフレンドリーなので、中途で入職しても、すぐに溶け込めるでしょう。

【島川】それは言えるね!職員同士がお互いを思いあいながら仕事に取り組んでいるから、定着率も良い。私は11年目を迎えたのですが、6人の同期のうち、4人が残っているんですよ!業界内では注目に値する数字だと思います。事実、私が長く頑張ってこれた1つの理由が、仲間と励まし合ってきたから。まさに理想の職場だと思っています。

【成田】先輩、後輩の垣根も低いですし、困っていたら必ず誰かがサポートしてくれる風土。入職したその日から、みんながたくさん話しかけてくれるはずですよ!