社会福祉法人 福田会/生活支援員インタビュー

社会福祉法人 福田会/生活支援員インタビュー

職員同士の思いやりの気持ちが、 利用者様にも伝わっています!

プロフィール

(写真左から)成田 梨歌さん、島川 美樹さん

島川さん:2007年入職。生活支援員。2歳の子のママ。現在、時短勤務中。
成田さん:2014年入職。生活支援員。休日にママチャリで小旅行に行くのが趣味。

1から学び、どこに出ても通用するスキルが得られます

おふたりの入職動機を教えてくだい。

【成田】私は転職組。前職は老健に勤務していて、当時から障害者支援施設に興味を持っていたんです。見学した際の施設の雰囲気や、生き生きと楽しそうに働く職員の姿を見て“ここだ!”と思いました。

【島川】私は新卒入職。今の主人と結婚しようと思っていて、彼の住まいがある豊明市内で就職先を探したのがきっかけです。

【成田】入職に際して不安はありましたか?

【島川】学生の頃に障害児と接したことはあったけれど、移乗や食事介護の経験がなかったので、その点かな。

【成田】私は、まったく不安がなくて(笑)。実際、当施設は中途でも3ヵ月〜半年は指導職員が付いてくれるので安心。そして新人も3〜4年もすると、今度は指導の仕方も学ぶんですよ!

施設の職員の8割が生活介助スタッフ。正職員と準職員の比率はほぼ同数で、設立時からのベテランも複数名在籍している。利用者様も気さくに話しかけてくださる方が多く、職員との関係もとても良好。

今の仕事のやりがいは。

【島川】利用者様の笑顔を見るたびに、自分の成長を実感できる点です。この施設にはいろいろな障害の方、幅広い年齢層の方がいらっしゃるので、一人ひとりに合わせた介助スキルを習得できます。

【成田】利用者様ごとの目標やニーズを理解し、達成できた時にやりがいを感じます。笑顔と「ありがとう」の言葉が仕事の励みです。

【島川】この施設は「同性介助」が基本。女性スタッフの体力面の負担は少なくて済みますし、利用者様にも安心していただけると思っています。

長く働ける職場だから「生涯の友」も見つかります

産休・育休の実績も豊富と聞いています。

【島川】私も今、時短勤務で働いています。子どもが3歳になるまでは夜勤も免除してもらえますし、職場復帰も4月の保育園への入園まで待ってもらいました。妊娠8ヵ月目まで頑張っていたのですが、みんなが「無理しなくていいよ」といつも気をつかってくれていましたよ。

【成田】私は独身で彼氏募集中のため、参考にします(笑)。働く環境としては、前月の10日までに4日間の希望休を申請できるため、友人との遊びの計画なども立てやすいですね。プライベートも充実できます!

施設訪問や面接の際には、共有スペースなどの職場見学が可能となっている。それも職員たちの仕事に対する姿勢や人間関係の良さなどを、実際に肌で感じてほしいという想いから。

そのほかにアピール点はありますか。

【成田】何といっても人間関係の良さはピカイチ。どこの施設にも負けないと思います。みんながフレンドリーなので、中途で入職しても、すぐに溶け込めるでしょう。

【島川】それは言えるね!職員同士がお互いを思いあいながら仕事に取り組んでいるから、定着率も良い。私は11年目を迎えたのですが、6人の同期のうち、4人が残っているんですよ!業界内では注目に値する数字だと思います。事実、私が長く頑張ってこれた1つの理由が、仲間と励まし合ってきたから。まさに理想の職場だと思っています。

【成田】先輩、後輩の垣根も低いですし、困っていたら必ず誰かがサポートしてくれる風土。入職したその日から、みんながたくさん話しかけてくれるはずですよ!

企業紹介

2019年、地域の高齢者の方に自宅のように安心して穏やかな毎日を過ごしてほしいとオープンした「住宅型有料老人ホーム ナーシングホーム悠ライフ」。自宅では対応が難しい高度な医療サービスが必要な高齢者とその家族のために、看護師と介護士が24時間協働している笑顔あふれる施設です。新しい施設とあって、スタッフの経歴も思いも実にさまざま。自らの知見を将来を担う人材に伝えたいと語るベテラン看護師や、もっと一人ひとりに寄り添える介護の場を求めてきた介護士も。同社ではどの職種でも、お互いに「プロ」として尊重し合うことで、より質の高い看護と介護の実現を一致団結して目指しています。一方で、長く勤められるよう勤務時間の配慮など、ワークライフバランスを大事にすることは当たり前という、社長の柔軟な考え方にどのスタッフも共感しています。地域のニーズの高まりを受け、新施設の開設も決定しています。「看護と介護の強力な連携」というスタイルのなかで、自らが求める介護のカタチを実現できるステージがあります。
設立2018年3月
本拠地岐阜県岐阜市月ノ会町一丁目12番地30

企業紹介

すみれ福祉会が運営する特別養護老人ホーム「橋場すみれ園」は、いくつもの「強み」をもった施設です。一つは、医療・介護・福祉・教育の4事業を展開するスミレ会グループの一員であること。強固な経営基盤を持つ同グループの強みを生かして、施設内託児所や職員寮を用意するなど、「働く環境」の充実化に努めています。加えて、スタッフの意見を吸い上げる「ボトムアップ」の風土が根付いており、一人ひとりが自分らしく働きながら理想の介護を実現できる環境も用意されています。そして、待遇面も恵まれており、業界平均を上回る年収を得られることも大きな魅力と言えるでしょう。今回の取材では、施設長から現場のスタッフまで、すべての人々が互いを思いやり、協力しながら介護に取り組んでいる姿を垣間見ることができました。仕事もプライベートも充実させたい方にこそ、入職をご検討いただきたい施設です。
設立2017年4月
本拠地東京都台東区橋場1-1-10

企業紹介

これまで岐阜県を中心に幅広い福祉事業を手がけてきた社会福祉法人平成会が、来春、東京千代田区に特別養護老人ホーム・グループホームをオープンします。定員は特別養護老人ホームが108名(ショートステイ12名)、グループホームが18名。8階建て合築の施設には、自然を楽しめるルーフトップテラスや地域交流センターなどもあり、都心にあって地域に親しまれる新たな福祉拠点になりそうです。幹部スタッフには医療法人社団 龍岡会の精鋭メンバーが結集。両法人の理念やケアの方針は共通しており、龍岡会の充実した福利厚生や教育研修制度も含めて、運営方針が新しい施設に受け継がれます。それぞれの経験も活かしながらどんな施設にしたいか、そしてどんなスタッフを求めているか、オープンに寄せる想いや期待をさまざまに語り合っていただきました。
設立1999年11月
本拠地東京都港区麻布台2-2-1(開設準備室・法人事務所)

この企業のトップに戻る