Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2020/06/08

福祉用具貸与の上限額、見直しは3年に1回へ 来年度から 厚労省方針

no-image.jpg

介護のみらいラボ編集部コメント

2021年度から厚生労働省は福祉用具のレンタル上限額の見直しを現行のおよそ1年に1回から3年に1回に延長する方針です。車椅子や介護用ベッドなどの福祉用具は利用者が借りるレンタル形式も多く利用されています。そのレンタル料が一部の業者などによって不当に高く設定されるのを避けるため、現在およそ毎年、全国平均レンタル料が算出され、+1標準偏差のレンタル上限額が決められています。

福祉用具貸与のレンタル料の上限額について、厚生労働省は現行で概ね年1回としている見直しサイクルを改めることに決めた。【Joint編集部】

来年度から3年に1回とする。レンタル料の全国平均額の公表も同様に3年に1回とする方針。
1日に開催した社会保障審議会の分科会で提案。委員から大筋で了承を得た。今年度中に通知などを改正する考えだ。

《厚労省説明資料》福祉用具貸与価格の上限設定について

福祉用具貸与のレンタル料に上限額を設けるのは、一般的なレベルとかけ離れた不当な高値をつけられないようにすることが狙い。給付費の適正化につなげる施策の一環で、2018年10月から導入された。

個々の商品ごとの上限額は、「レンタル料の全国平均額 + 1標準偏差」で算出する決まり。これを上回る価格でのレンタルは認められない。
厚労省はこれまで、概ね1年に1回のサイクルで上限額をこまめに見直すこととしてきた。

ただし、商品カタログの修正やシステム改修などを要する事業所の負担が小さくないことが、現場の実態調査の結果で判明。給付費を押し下げる効果が限定的に留まることも分かり、他のサービスと同じく3年に1回のサイクルで見直すことにした。今年度は新商品の全国平均額の公表、上限額の設定のみを行う。

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア