Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2020/07/22

豪雨被災地、要介護認定の有効期間を延長 最大12ヵ月 厚労省

medicalnursingnews_20200722_01.jpg

《 介護保険最新情報Vol.858 》

介護のみらいラボ編集部コメント

九州や西日本、長野などで豪雨の被害が深刻になっています。今回の豪雨は「特定非常災害」と位置付けられました。それにともなって、被災地に住む要介護認定を受けた人のうち、2021年6月30日までに認定期限が切れる人に限り、要介護認定の期限を最大1年間延長できるようになりました。

九州や島根、長野、岐阜など今回の豪雨の被災地について、厚生労働省は要介護認定の有効期間の延長を認めることにした。【Joint編集部】

災害救助法が適用された8県67市町村(7月15日現在)で暮らす高齢者が対象。来年の6月30日までに満了を迎えるケースに限り、最大で12ヵ月まで有効期間を延ばせるようにする。 特例を容認する省令を17日に公布・施行。全国の自治体に通知で伝え、介護保険最新情報のVol.858で関係者へアナウンスした。過去の自然災害の際にも同様の対応がとられてきた経緯がある。
介護保険最新情報Vol.858

厚労省はこのほか、17日に介護保険最新情報のVol.859も発出した。被災地に所在する介護施設・事業所の指定の有効期間が、今年12月28日まで延長されることを周知する内容だ。
介護保険最新情報Vol.859

深刻な被害をもたらした今回の豪雨が、被災者らに行政上の特例措置を適用する「特定非常災害」に指定されたことを受けた措置。有効期間の延長は居宅サービス、地域密着型サービス、居宅介護支援、特別養護老人ホームなどが幅広く対象となる。

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア