Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/02/04

「得も言われぬうつ病の身体的苦痛」戸田中央総合病院メンタルヘルス科部長 上田諭先生

no-image.jpg

介護のみらいラボ編集部コメント

ご利用者が身体的不調を訴え「つらい、医者を呼んでほしい」とお願いされる。しかし何度診察をしても異常はなく、だんだん対応されなくなる……そんな事例を見たことがありませんか? そのようなときには、ぜひ精神科を受診してほしいと戸田中央総合病院メンタルヘルス科部長の上田 諭先生は言います。20代でも、90代でも、うつ病は実際につらく、身体症状を伴うことも多く、ご本人が大げさに言っているわけではありません。 実際の身体不調の原因を見抜けなかったのが原因のこともありますが、うつだった場合、0.5〜1錠の抗うつ薬を内服すれば、5〜10日で改善することも稀ではなく、抗不安薬も点滴も不要になると上田先生は解説しています。

高齢者のうつ病には、精神的苦痛だけでなく身体的な苦悶感が伴うことがほとんどである。それは通常強いもので、得も言われぬつらさとでも表現するのが適当なものが多い。一般医の方が遭遇するのは、うつ病の発病初期、かかりつけ医を受診した場面である。
しばしば明確なきっかけがないのが高齢者うつ病であり、大きなストレスやつらい出来事などなく発症し、元気がなくなり体調が不良になる。その不調の現れ方は、倦怠感、頭重感、めまい、息苦しさ、しびれなど様々だが、漠然としてはっきりしない愁訴が多い。自分からうつ病を疑う人などおらず、ほとんどはかかりつけ医を受診する。一般検査で異常がなく「どこも悪いところはない」と言われても不調は変わらない。「それでも苦しい」との訴えに、医師はエチゾラム(デパスⓇ)などの抗不安薬を処方するくらいしか手がない。

抗不安薬には一時的効果しかなく、日を置かず再診となる。仕方なく、ビタミン剤などを点滴する医師もいる。これも効果はよくて半日である。毎日点滴してあげる親身な医師もいるが、本人の苦痛は癒されない。「つらい」「苦しい」「なんとかして」と訴える姿は、オーバーに誇張しているように感じられる。家族や医療者から「どこも悪くないのに」「気にしすぎだ」とたしなめられると、本人のつらさは増大する。ついには、家でじっと耐えていられず「救急車を呼んで」と言うまでになる。それほどに得も言われぬ苦悶があるのである。押しとどめる家族と口論した末に救急搬送されても、検査で異常はみつからない。

こういう例は、1日も早く精神科に紹介してほしい。憂うつ気分や興味・喜びの喪失、意欲・食欲低下を伴っていて、うつ病と診断される。0.5〜1錠の抗うつ薬を内服すれば、5〜10日で改善することも稀ではない。もちろん抗不安薬も点滴も不要になる。オーバーで依存的に見えた態度や性格もまったくなくなり、几帳面で他人への気遣いのある元の人となりが回復する。

本人の身体的不調と性格変化はすべて、うつ病の苦悶のせいだった。そんな例が少なくないことを、高齢者を診る先生方にはぜひ知っていただきたい。

上田 諭(戸田中央総合病院メンタルヘルス科部長)[高齢者医療]

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:Web医事新報

SNSシェア