Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/07/02

#ICT#先端技術#業務効率化#人事#介護施設#介護業界#介護事業所

テクノロジーと介護現場の架け橋に 日本ケアテック協会が設立総会

《 日本ケアテック協会の設立記念総会-6月30日 》.jpg

《 日本ケアテック協会の設立記念総会 6月30日 》

介護のみらいラボ編集部コメント

先端技術と介護業界を結ぶ懸け橋となることを目標として、日本ケアテック協会が設立されました。代表理事は鹿野佑介株式会社ウェルモ代表取締役CEOです。
次々とタブレットやスマートフォンを利用した介護記録やデータ入力が普及していく中、対応したいができていない施設の支援をできるようになるでしょうか。

新たなテクノロジーと介護現場とを結ぶ架け橋になる − 。そうした理念を掲げる日本ケアテック協会が6月30日、都内で設立記念総会を開催した。【鈴木啓純】

鹿野佑介代表理事(株式会社ウェルモ代表取締役CEO)は、「急速な高齢化や現役世代の減少を考えると、介護現場でのテクノロジーの活用を絶対に進めなければならない。多彩なテクノロジー企業と介護サービス事業者をつなぎ、後押しする体制を一歩ずつ着実に作っていきたい」と意欲をみせた。続けて、「テクノロジーで介護職の働く環境をもっと良くすることもできる」と強調した。

来賓として出席した自民党の園田修光参院議員(前参院厚生労働委員長)は、「介護現場を支える職員は人手不足などで本当に大変な思いをされている。そうした職員を助け、ご利用者のためにもなるケアテックが今後さらに脚光を浴びてくるのではないか」と挨拶。厚生労働省・老健局の須藤明彦高齢者支援課長は、「介護職の負担軽減やサービスの質の向上を図るため、テクノロジーの導入をしっかりと協力して進めなければならない」と述べた。

日本ケアテック協会は昨年11月に設立された新しい団体。AIやロボット、ICT、IoTといったテクノロジーの実装を旗印に掲げている。その具体化に向けて介護現場とケアテック企業の双方を支援するほか、国への政策提言なども行っていくとしている。

(関連記事 記事上部#タグでも関連記事の表示ができます)

国際感染症センター長 大曲貴夫先生に聞く(3)感染拡大に備える 介護施設でコロナ感染疑いありのときの対応法

介護職の職場や悩みに関する記事一覧を見てみる

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア