Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/07/16

#エンタメ

介護職映画「ケアニン」の新たなショートムービー、全4作が無料公開開始

介護のみらいラボ編集部コメント

介護現場を映画にした「ケアニン」新作ショートムービーが公開されました。
YouTubeや特設サイトから見られます。(本文中のリンクから行けます)。
特養の経営者らで組織する全国老人福祉施設協議会とのコラボ企画なため、実話をもとにした心温まるリアルなストーリーが楽しめそうです。
ケアニンは今まで2作が作られ、全国で上映されています。

大注目の新作が一気に4本も!! 特設サイトやYouTubeから無料で見ることができる。【Joint編集部】
15日、介護現場を舞台とする映画「ケアニン」のスピンオフショートムービー「ケアニン Short Films」が公開された。
ケアニン Short Films

「新人介護職編」「支え、支えられる仕事編」など全4作。全て概ね2分から3分と短くまとめられている。これまでより気軽に楽しむことも可能かもしれない。

全編で主演の戸塚純貴さんが出演、ナレーションを務めるほか、新たに中山エミリさん、池田朱那さんなども登場する。スタッフも映画と同じ。監督は鈴木浩介さん、企画・脚本・プロデュースは山国秀幸さんが担っている。

特養の経営者らで組織する全国老人福祉施設協議会とのコラボ企画。介護職のイメージアップ、魅力の向上を図る取り組みの一環だという。

全国老施協は今回、毎年実施している独自の「介護作文・フォトコンテスト」に寄せられたエピソードを「ケアニン」に反映させた。「実話を基にした心温まるショートムービー」とPRしている。

「ケアニン」は介護職の役割ややりがい、葛藤、苦悩、情熱などを描く映画。実在する介護現場への綿密な取材に基づくリアルな内容が、多くの関係者から高い評価を得ている。2017年に「ケアニン〜あなたでよかった〜」が、2020年には続編の「ケアニン〜こころに咲く花〜」が公開。これまでにシリーズ累計1800回以上の上映会が開催されている。

(関連記事 記事上部#タグでも関連記事の表示ができます)
国際感染症センター長 大曲貴夫先生に聞く(3)感染拡大に備える 介護施設でコロナ感染疑いありのときの対応法
介護職の職場や悩みに関する記事一覧を見てみる

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア