Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/09/06

#科学的介護#厚労省

介護の生産性向上、予算増目指す 厚労省概算要求 科学的介護の推進も

自民党・厚生労働部会 26日.jpg

《 自民党・厚生労働部会 26日 》

介護のみらいラボ編集部コメント

厚労省は自民党の厚労部会に来年度予算の概算要求の内容を提示(8月26日)。介護分野では、現場の生産性向上や科学的介護推進に投じる予算の増額を求めていく方針です。一般会計総額は前年度比で8070億円増となる33兆9450億円。4年連続で過去最高を更新。その大部分を占める社会保障費は、同6738億円増の31兆7791億円となっています。データベースの保守・機能改修、フィードバック活用の好事例の収集などを行うための科学的介護推進に向けた予算も、今年度の4.7億円から13億円への増額を目指しています。

厚生労働省は26日に開かれた自民党の厚労部会に、来年度予算の概算要求の内容を提示した。介護分野では、現場の生産性の向上や科学的介護の推進に投じる予算の増額を求めていく方針だ。【鈴木啓純】

一般会計の総額は33兆9450億円。前年度と比べて8070億円の増となり、4年連続で過去最高を更新した。その大部分を占める社会保障費は、同6738億円増の31兆7791億円となっている。

介護現場の生産性向上を図る予算については、今年度(7.3億円)の倍の16億円を要求する。効果的な取り組みのモデル化やセミナーの開催、地域アドバイザーの配置などを展開するほか、ICTを活用した全国共通の電子申請・届け出システムの拡充も進めていく。介護ロボット開発加速化事業にも引き続き力を入れる計画だ。

科学的介護の推進に向けた予算も、今年度の4.7億円から13億円への増額を目指す。例えばデータベースの保守・機能改修、フィードバック活用の好事例の収集などを行いたいという。

このほか、介護サービス提供体制の強化の原資として都道府県ごとに設置している「地域医療介護総合確保基金」については、今年度と同額の549億円を求める考えだ。

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア