Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/09/13

#厚労省#介護職

他業界から介護への転職で20万円、要件の弾力化を検討 厚労省 財源上積みも

厚労省.jpg

《 厚労省 》

介護のみらいラボ編集部コメント

厚労省では新たに介護業界に入って働き始める未経験の人に「最大20万円を支払う制度」について、来年度に向けて要件の見直しを検討していきます。現行制度では、初任者研修などを受けて介護職員になれば最大20万円を"就職支援金"として貸し出し、2年間そのまま仕事を続ければ返済が免除されることになっています。厚労省が見直し検討するのは、"2年間働く"という返済免除条件。来年度から弾力化、あるいは緩和することができないか調整を検討中。制度の使い勝手を向上させ「新規参入の呼び水」としての機能強化する考えです。

新たに介護業界へ入って働き始める未経験の人に最大20万円を支払う制度について、厚生労働省は来年度に向けて要件の見直しを検討していく。【Joint編集部】

初任者研修などを受けて介護職員になれば最大20万円を"就職支援金"として貸し、そのまま仕事を2年間続ければ返済を免除する − 。これが現行の制度だ。

注:介護職員になってから初任者研修などを受ける順序でも可。

厚労省が見直しを検討するのは、"2年間働く"という返済免除の条件。今後、来年度から弾力化、あるいは緩和することができないか調整していく。制度の使い勝手を向上させ、新規参入の呼び水としての機能を強化したい考えだ。

この制度は今年度から導入されたもの。深刻な人手不足の解消を図る施策の一環で、転職を考えている他分野の人に介護現場へ目を向けてもらう狙いがある。

自治体の任意事業という位置付けで、実際にこれを行うかどうかは都道府県の判断。厚労省は今後、全ての都道府県に制度を運用するよう重ねて要請していく構えだ。これまでの通知では現場の関係者らに対し、「実施時期などは都道府県によって異なる。詳細は都道府県の"地域医療介護総合確保基金"の担当部局へお問い合わせを」などと呼びかけている。

各都道府県の問合せ先などはこちら

この制度は主に無資格者、未経験者が対象だが、厚労省は介護現場を離れた有資格者、経験者が復帰する際に最大40万円を貸す同様の制度も用意している。また、介護福祉士の資格を目指して養成校へ通う人らに入学準備金、就職準備金などを貸す制度も設けており、いずれも継続的に展開していく方針だ。先月末に財務省へ提出した来年度予算の概算要求には、これらの財源を上積みするための費用として6.5億円を計上した。

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア