Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/10/20

#介護職

介護福祉士会、介護職の賃上げは「資格などに着目した段階的評価を」 "介護士"の呼称に苦言も

及川会長.jpg

《 日本介護福祉士会・及川ゆりこ会長 》

介護のみらいラボ編集部コメント

日本介護福祉士会の及川ゆりこ会長が10月15日、岸田文雄首相が「介護職らの賃上げ」を重点施策の1つに掲げたことを受け、公式サイトで「介護職の価値をご評価いただき、また所得の向上に言及いただいたことに心より感謝」声明を発表しました。具体策について、人材の確保やサービスの質の向上につながるよう他産業、多職種との所得格差に配慮して欲しいと要請しています。また及川会長は、首相の発言で"介護士"という呼称が頻繁に使われていることにも言及し、「誇りを胸に日夜励んでいる多くの仲間のためにも、適切な表現を用いていただくことを切にお願いします」と呼びかけています。

岸田文雄首相が介護職らの賃上げを重点施策の1つに掲げたことを受けて、日本介護福祉士会の及川ゆりこ会長は15日に公式サイトで声明を発表した。【Joint編集部】

「介護職の価値をご評価いただき、また所得の向上に言及いただいたことに心より感謝」と記した。

今般の介護職の所得向上に関する新総理の発言に対する声明

そのうえで具体策について、人材の確保やサービスの質の向上につながるよう他産業、多職種との所得格差に配慮して欲しいと要請。あわせて以下のように求めた。

「国家資格である介護福祉士資格の有無や、職責・キャリアなどに着目した段階的評価となることを期待いたします。そのためには、是非とも検討の段階で、我々職能団体をはじめ現場で奮闘している仲間たちの意見をしっかりと汲み取っていただければ」

また及川会長は、岸田首相の発言や報道の中で"介護士"という呼称が頻繁に使われていることに言及し、「介護従事者は、国家資格を有する介護福祉士とそれ以外の従事者が混在しており、それらを総称する表現としては"介護職"を用いることが適切。介護士という資格は存在しておりません」と指摘。続けて以下のように呼びかけた。

「仮に介護福祉士を略して用いたとするならば、我々のアイデンティティとも言える『福祉(幸福の追求)』を端折る表現。介護福祉専門職への理解が十分得られていないことに大変残念な思いです。介護を必要とする国民の幸福を追求する専門職として、誇りを胸に日夜励んでいる多くの仲間のためにも、適切な表現を用いていただくことを切にお願いします」

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア