Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/11/05

#補助金#厚労省

コロナ禍のかかり増し経費の新たな補助金、支給額が正式決定 厚労省通知

厚労省.jpg

《 厚労省 》

介護のみらいラボ編集部コメント

新型コロナウイルス禍に伴う介護事業所の「かかり増し経費」を補填する補助金の新たなスキームが決定。10月末に厚労省から全国自治体に通知されました。11月から12月までの3ヵ月間にかかった衛生用品、感染防止対策に要する備品などの購入費が対象です。特養や老健、特定施設、通所介護、訪問介護などは、その規模に応じて上限額が変化。施設系や通所系の規模は申請時点で、訪問介護の訪問回数は10月分の合計で判断する決まりとされました。

コロナ禍に伴う介護事業所の"かかり増し経費"を補填する新たな補助金のスキームが決定した。先週、厚生労働省が全国の自治体へ通知を出して伝えた。【鈴木啓純】

今月から12月までの3ヵ月間にかかった衛生用品、感染防止対策に要する備品などの購入費が対象。補助金のサービスごとの上限額は既報の通りだ。以下のリンクから確認できる。

補助金のサービスごとの上限額はこちら

特養や老健、特定施設、通所介護、訪問介護などは、その規模に応じて上限額が異なる。施設系や通所系の規模は申請時点で、訪問介護の訪問回数は10月分の合計で判断する決まりとされた。

この新たな補助金は、今年9月まで実施されていた介護報酬の特例(0.1%増)の代替措置として支給されるもの。特例を受けていた全ての事業所が対象だ。厚労省は介護報酬の臨時の上乗せをやめ、10月から補助金による実費の補填に切り替えた経緯がある。

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア