Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2022/02/01

#厚生労働省#介護人材

厚労省「介護人材の確保は一段と厳しくなる」 募る危機感 対策を総合的に展開

部局長会議.png

《 厚労省公式YouTubeチャンネルより 》

介護のみらいラボ編集部コメント

1月27日、厚労省ではYouTubeの公式チャンネルにおいて、これから重点的に取り組む施策などを自治体担当者へ説明するための動画を公開。この動画は新型コロナ禍以前に毎年、オフラインで開催していた政策説明会(全国厚生労働関係部局長会議)を代替するものです。動画では深刻な介護職不足についても取り上げられています。対策を所管する社会・援護局の山本麻里局長は「今後の日本の人口動態を踏まえれば、介護人材の確保は一段と厳しくなることが想定される」との認識を示しています。

厚生労働省は27日、これから重点的に取り組む施策などを自治体の担当者へ説明するための動画を、YouTubeの公式チャンネルで新たに公開した。コロナ禍以前、オフラインで毎年開催していた政策説明会(全国厚生労働関係部局長会議)を代替するもの。【Joint編集部】

介護職の深刻な不足についても取り上げられている。

対策を所管する社会・援護局の山本麻里局長は、「介護分野の有効求人倍率は、コロナ禍においても高い水準で推移している」と説明。「今後の日本の人口動態を踏まえれば、介護人材の確保は一段と厳しくなることが想定される」との認識を示した。

そのうえで、「介護人材の確保・育成は喫緊の課題」と強調。積極的な取り組みを自治体にも要請した。


厚労省は今後、引き続き対策を総合的に展開していく方針だ。岸田政権が打ち出した月額3%ほどの賃上げに加えて、ICTの活用や労働環境の改善、キャリアアップの支援、多様な人材の受け入れ、介護助手の配置、業界のイメージアップなどにも注力する。2024年度の報酬改定に向けた議論では、追加的な賃上げの必要性や人員配置基準の見直しの是非なども俎上に載る見通し。

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア