Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2022/04/05

#福祉医療機構#経営状況#老健#介護老人保健施設

老健の20年度赤字施設割合、09年以降で最多に 福祉医療機構

介護のみらいラボ編集部コメント

福祉医療機構が2020年度の介護老人保健施設(老健)の経営状況について、リサーチレポートを公表。新型コロナ感染症の影響により利用率が低下したため、赤字施設の割合が19年度に比べて6.3ポイント上昇し、09年以降で最も多い28.0%に拡大したことが判明。老健全体の経営状況に関しては、19年度に比べて入所の利用率が2.1ポイント低下の90.3%、併設の通所リハビリテーションの利用率が3.6ポイント低下の63.3%でした。新型コロナにより、主要な入所経路である病院の病床利用率が低下したことなどが影響しています。

福祉医療機構はこのほど、2020年度の介護老人保健施設(老健)の経営状況について、リサーチレポートを公表した。新型コロナウイルス感染症の影響により利用率が低下したため、赤字施設の割合が19年度に比べて6.3ポイント上昇し、09年以降で最も多い28.0%に拡大したことが分かった。【CBニュース編集部】

老健全体の経営状況に関しては、19年度に比べて入所の利用率が2.1ポイント低下の90.3%、併設の通所リハビリテーションの利用率が3.6ポイント低下の63.3%だった。新型コロナにより、主要な入所経路である病院の病床利用率が低下したことなどが影響した。

利用率の低下の影響は大きく、事業収益対事業利益率は1.7ポイント低下して4.1%に、経常収益対経常利益率は1.0ポイント低下の4.8%となった。

04月05日②.jpg

福祉医療機構リサーチレポート より引用

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:医療介護CBニュース

SNSシェア