Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2022/06/16

#今日は何の日?#昭和33年(1958年)の出来事#松竹#津川雅彦#狂った果実#石原慎太郎

【今日は何の日?】6月16日=俳優・津川雅彦が松竹と電撃契約 (1958年) / 雑学ネタ帳

映画(イメージ).png

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

64年前の1958(昭和33)年。前年秋に日活を辞めて、その去就に注目が集まっていた俳優・津川雅彦さんが、この日に松竹と専属契約を結び、大きな話題となりました。

津川さんの兄が俳優・長門裕之さんであることはおなじみですが、父が歌舞伎役者(澤村国太郎さん)、母が女優(マキノ智子さん)、祖父が映画監督の牧野省三さん、さらに叔母が沢村貞子さん、叔父が加東大介さんと、どちらを向いても芸能関係という凄い一族ですね。

そんな縁から、戦前期の4才児の頃から子役として映画出演していた津川さんでしてが、青年となってから一躍注目を集めたのが2月に亡くなった石原慎太郎さんの原作で、石原さんの実弟である石原裕次郎さんの実質的なデビュー作であり、のちに夫人となる北原三枝さんとの初共演作でもある『狂った果実』(56年・日活)への出演でした。

映画の脚本も担当していた石原慎太郎さんは、かねて裕次郎さんの弟役を探しており、ある結婚式でたまたま見かけた津川少年を気に入り、『狂った果実』への出演をオファー。自らの出世作でもある『太陽の季節』の主人公・津川竜哉(※日活映画版で演じたのは津川さんの兄・長門さんでした)の名字と、津川さんの本名である「加藤雅彦」を合わせて、石原慎太郎さんが「津川雅彦」と命名しました。

松竹移籍が決定後、約3か月、米ハリウッドにわたり演技の勉強をして帰国した津川さんは、翌59(昭和34)年から松竹映画に出演し続けることになります。

現在、印象に残る時代劇での数々の徳川将軍役や、必殺シリーズにおける悪役、伊丹十三作品における少し気弱な中年男性役などなどは、まだかなり先のこと。弱冠18歳にして、映画会社の移籍が取り沙汰されていた津川さんの長きにわたるスター経歴に驚かされます。


 参照 : 昭和33年6月16日付の毎日新聞夕刊

                        文 / 高木圭介

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事