Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2022/07/15

#オリバー君#コンゴ#チンパンジー#今日は何の日?#日本テレビ#昭和51年#謎の生物

【今日は何の日?】7月15日=人か?サルか? 話題のオリバー君が来日(1976年) / 雑学ネタ帳

チンパンジー(イラスト).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

46年前の1976(昭和51)年。「人間とチンパンジーの混血」と噂される謎の生物・オリバー君が米国より来日しました。

アフリカのコンゴ生まれとされるオリバー君は午前9時15分、フライングタイガー71便ジャンボ機(貨物機)にて米国より羽田空港に到着。パスポートはなく荷物扱いです。首輪をはめ、真っ赤なボクサーパンツをはいた格好で乗員2名に付き添われつつタラップに姿を現わしました。

機中ではラウンジにてくつろいでいたそうですが、旅の疲れか? タラップの手すりにもたれつつアクビを連発。出迎えの報道陣のカメラに気がつくと、牙をムキ出して興奮し、また機内へと逃げ込んでしまったそうです。

オリバー君は千代田区のダイヤモンドホテルに宿泊。約1か月の日本滞在中にテレビ番組に出演したり、見世物として全国各地を回ったりしていました。この時、オリバー君の世話係をさせられていたのが、当時、テレビ制作会社の若手ADだったテリー伊藤さんだったことは有名な逸話ですね。

人間の染色体数が46で、チンパンジーのそれは48。オリバー君の染色体がその中間の47であることが「混血説」の証拠とされていましたが、真偽のほどは現在も定かでありません。

1週間後の7月22日、日本テレビの木曜スペシャル枠で放送された『人間か?類人猿か?謎の怪奇人間・オリバー!』(演出:矢追純一)に出演したオリバー君は日本全国に大反響を起こしました。ロッキード事件で世間が大揺れしていたこの時期、オリバー君も大いに日本国内を騒がせていたのです。
 
 
 参照 : 昭和51年7月15日付の読売新聞夕刊

 文 / 高木圭介

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事