Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2022/08/28

#オリガ・レペシンスカヤ#ソ連#バレエ#ボリショイバレエ団#今日は何の日?#大阪宝塚劇場#新宿コマ劇場#昭和32年(1957年)の出来事

【今日は何の日?】8月28日=ボリショイ劇場バレエ団が日本初公演(1957年) / 雑学ネタ帳

バレエ(白鳥の湖).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

65年前の1957(昭和32)年。世界最高峰と謳われたソ連のボリショイ劇場バレエ団が、東京・新宿コマ劇場にて日本初公演を行いました。待望の初来日に1年前から売り出されたいたチケットは早々に完売したそうてす。

当時の世界的プリマ、オリガ・レペシンスカヤ(当時40歳=2008年に92歳で死去)をはじめ50人以上のボリショイバレエ団はモスクワより特別機で羽田空港に到着。約1か月間、日本に滞在し新宿コマ劇場、大阪宝塚劇場にて公演を行いました。

日本では『白鳥の湖』より第二幕、『バフチサライの泉』より第三幕、『コッペリア』『ワルプルギスの夜』『春の水』などなど約35演目を上演。指揮はゲ・ロジェストヴェンスキー、管弦楽による演奏は東京交響楽団が担当しました。

東京公演の際、新宿コマ劇場の舞台床には、バレエ用に特注のべニア板が張られました。また新橋第一ホテルの1階が貸し切りとなり、ボリショイバレエ団専用の稽古場となっていたそうです。

ボリショイバレエ団は1か月の日本滞在で日本の観客、バレエ関係者に「本場の実力」を存分に見せつける形となりました。 
 

 文 / 高木圭介

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事