Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2022/09/04

#300勝投手#トンボユニオンズ#ヴィクトル・スタルヒン#今日は何の日?#昭和30年(1955年)の出来事#読売巨人軍#須田博

【今日は何の日?】9月4日=ヴィクトル・スタルヒンが日本プロ野球史上初の300勝投手に(1955年) / 雑学ネタ帳

北海道・スタルヒン球場.jpg

 スタルヒン球場とスタルヒン像(北海道旭川市)

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

67年前の1955(昭和30)年。京都の西京極球場にて行われたプロ野球「トンボユニオンズvs大映スターズ」で、トンボのヴィクトル・スタルヒン投手が日本プロ野球史上初の300勝投手となりました。

スタルヒン投手は1916年、帝政時代のロシア生まれ。ロシア革命で一家が迫害を受け、25年に日本へと亡命してきた無国籍者でした。36年に東京巨人軍(現在の読売ジャイアンツ)に入団するも、39年に日ソ関係の悪化によりスパイ容疑をかけられ、「水道橋駅から後楽園球場へ向かう際に、橋の上から神田川をのぞき見ることを禁止(神田川で軍需物質を運搬していたため)」「試合中、外野スタンドに立てられた旗を見ることを禁止(当時、風向きや天候に関する情報は軍事機密扱いとされたため)」など、信じられない制約を与えられていました。

無国籍だったため徴兵されることはありませんでしたが、40年には「須田博」と改名を余儀なくされています。

ロシア革命から始まり、太平洋戦争に翻弄された苦難の野球生活でしたが、191cm90kgの巨体から投げおろす速球は黎明期のプロ野球界において脅威の存在でした。巨人時代の39年11月に100勝、パシフィック(太陽ロビンス)時代の46年10月に200勝、そして最後の所属球団となったトンボユニオンズ時代に、ついに日本プロ野球初の300勝を挙げ、シーズン終了後に引退。19年間にわたる波乱のプロ生活を終えたのでした。

当時は勝利投手の認定が曖昧な時代だったため、のちに39年シーズンの成績が見直された結果、同年7月30日に川崎球場で行われた近鉄パールス戦で、すでに300勝を挙げていたことに変更されています。

スタルヒン投手は引退から1年後の57年1月、現在の国道246号(玉川通り)を運転中に世田谷区三宿付近で東急玉川線の二子玉川園行電車と激突して交通事故死。まだ40歳の若さでした。

 文 / 高木圭介

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事