Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2022/09/05

#おりも政夫#ジャニーズ事務所,オリビアの調べ#フォーリーブス#今日は何の日?#北公次#昭和43年(1968年)の出来事#江木俊夫#青山孝史

【今日は何の日?】9月5日=フォーリーブスがレコードデビュー(1968年) / 雑学ネタ帳

四つ葉(イラスト).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

54年前の1968(昭和43)年。ジャニーズ事務所で2組目のグループアイドルとなるフォーリーブスが『オリビアの調べ』と『壁のむこうに』の両A面シングル盤でCBSソニー(現・ソニーミュージックレーベルズ)からレコードデビューしました。

前年(67年)に事務所の先輩グループ『ジャニーズ』のバックダンサー、ジャニーズJr.としてデビューしていた北公次さん(コーちゃん=2012年に死去)、青山孝史さん(ター坊=2009年に死去)、江木俊夫さん(トシ坊)、おりも政夫さん(マー坊)が正式に歌手として活動開始。またフォーリーブスはCBSソニーの国内契約第1号アーティストでもあります。。

『オリビアの調べ』は、作曲こそ鈴木邦彦さんですが、作詞はメンバーの北公次さんが担当。累計21万枚を売り上げ、フォーリーブスはその後も『地球はひとつ』『夏の誘惑』『急げ!若者』や77年発売の『ブルドッグ』までコンスタントにヒット曲を連発し、70年から76年まで7回連続で『NHK紅白歌合戦』にも出場しました。
 
 大ブームを巻き起こしたグループサウンズ末期から、新御三家(郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎)が大人気となる70年代中盤までの時期、男性アイドル界を牽引してきたフォーリーブスは78年8月31日に解散。約11年にわたる活動に終止符を打ちました。
  
 現在ではよく見られる、ステージ上においてバック転を初めて披露したのも、このフォーリーブスの北公次さんなんだそうです。 
 

 文 / 高木圭介

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事