Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2022/10/04

#シベリア超特急#今日は何の日?#日本テレビ#映画解説者#昭和47年(1972年)の出来事#水曜ロードショー#水野晴郎

【今日は何の日?】10月4日=水野晴郎が『水曜ロードショー』解説者に就任(1972年) / 雑学ネタ帳

夕陽にヨット.jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

ちょうど半世紀前の1972(昭和47)年。映画評論家、映画監督としても活動した水野晴郎さんが、すでに4月から放送スタートしていた日本テレビ『水曜ロードショー』の解説者に就任しました。

週に5本は映画を観る根っからの映画好きだった水野さんは、もともと映画館に勤務していました。その後、宣伝部員として20世紀フォックスに5年間、ユナイト映画に10年間勤務していました。解説者就任当時はユナイト映画の「宣伝総支配人」という肩書きでした。

まだネット配信やDVD、LDどころかビデオすら普及していなかった当時、テレビで放送される映画は現在では想像もつかないほど一期一会にして貴重な存在でした。解説者就任にあたり、水野さんは「宣伝部の仕事は、まずその作品のセールスポイントを見つける作業から始めます。だから、どんな作品でも、そのポイントをつかむことには自信があるのです」と語っています。

当時、テレビの映画解説者といえば、すでに長老格であった淀川長治さん、評論家の萩昌弘さん、映画レポーターの増田貴光さん、音楽家の芥川也寸志さん、作家の野坂昭如さんらが知られた存在でしたが、そこに水野さんが「足で稼いだエピソード」を武器に参入した形となったのです。

放送開始からしばらく後、次週予告の後に水野さんが満面の笑みとともに発した「いやあ、映画って本っ当にいいもんですねぇ!」の台詞は、さっそく番組名物となりました。

なお、初回のこの日に放送された映画は『続黄金の七人 レインボー作戦』(マルコ・ヴィカリオ監督)でした。
 
 参照 : 昭和47年9月22日付の読売新聞夕刊

 文 / 高木圭介

 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事