Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2022/10/12

#クラウンライター・ライオンズ#パ・リーグ#今日は何の日?#埼玉西武ライオンズ,プロ野球#太平洋クラブ・ライオンズ#昭和51年

【今日は何の日?】10月12日=クラウンライター・ライオンズが誕生へ(1976年) / 雑学ネタ帳

天然芝と硬球.jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

46年前の1976(昭和51)年。プロ野球、パ・リーグの太平洋クラブ・ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)の中村長芳オーナーが午後に福岡市内の西鉄グランドホテルで会見を開き、株式会社クラウンガスライター(本社・東京都港区)と業務提携し、球団名を「クラウンライター・ライオンズ」と改めることを発表しました。

正式社名は「~ガスライター」ですが、チーム名が長くなることが懸念され、「ガス」が省略されたチーム名となっています。球団の経営は引き続き「福岡野球株式会社」が行い、72(昭和47)年に西鉄ライオンズから命名権契約で誕生した太平洋クラブでしたが、早くも経営難に苦しむこととなり、同じく平和相互銀行の翼下にあるクラウンが命名権を引き継ぐ形で誕生した新球団でした。

ライオンズを率いる鬼頭政一監督は「名称が変わったからといって、特別の感想はない。選手もそうだろう。私たちはスポンサーが変わっても野球をやることは変わりがない」と語り、エースの東尾修投手は「私はこれで2度(西鉄 → 太平洋クラブ → クラウンライター)チーム名変更を経験したが、やることは変わらない。太平洋で優勝できなかったから、新チームで心機一転、優勝めざしてがんばりたい」と決意を語っています。

翌77年シーズンから発進した新生ライオンズでしたが通年で最下位。78年は5位へと浮上するも、この年秋に球団経営権も含めて国土計画への売却が正式決定。本拠地を埼玉県所沢市へと移し、西武ライオンズが誕生します。
 
 参照 : 昭和51年10月13日の朝日新聞朝刊

 文 / 高木圭介


 
 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事