Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2022/10/31

#TBS#ナショナル劇場#今日は何の日?#昭和58年(1983年)の出来事#時代劇#水戸黄門#西村晃

【今日は何の日?】10月31日=西村晃演じる二代目水戸黄門が登場(1983年) / 雑学ネタ帳

水戸黄門の印籠.jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

39年前の1983(昭和58)年。TBS月曜夜8時の人気番組『ナショナル劇場 水戸黄門』で、この日から放送スタートとなる第14部から西村晃さんが水戸黄門こと水戸光圀役を演じました。

69(昭和44)年の放送開始以来、14年にわたって水戸黄門を演じてきた東野英治郎さんから役を受け継いだ西村さんは、2代目黄門として92(平成4)年11月まで続く第21部まで水戸黄門役を演じました。

西村さんは2年前(81年)の10月に放送された第12部において恒例の「にせ黄門」役で出演。偽物に扮した際の違和感のない衣装のハマり具合などもあって、二代目就任に白羽の矢が立った模様です。

先代の東野さん同様、水戸黄門になるまでは映画、テレビドラマで悪役を演じることが多かった西村さんは当時60歳。明治生まれの東野さんに対し、大正生まれの西村さんは若さとフレッシュさが打ち出されており、この日の新聞夕刊に掲載された番宣広告には「助さん、格さん、世直しは体力じゃ」のコピーとともに、笑顔で鉄アレイを持ち上げる西村黄門様の写真が使われています。

黄門さまだけでなく、格さん役もこの日から大和田伸也さんから伊吹吾郎さんへと交代。この14部の他の主要キャストは助さん=里見浩太朗さん、うっかり八兵衛=高橋元太郎さん、風車の弥七=中谷一郎さん、助さんの妻・志乃=山口いづみさんとなっています。

記念すべき第1話は南部藩の能役者あがりの策士として、悪役としておなじみの名和宏さん、柳沢吉保役で山形勲さん、徳川綱吉役で長谷川哲夫さんが出演。サプライズ的に格さんの母親役で高峰三枝子さんも出演しています。 

 参照 : 昭和58年10月31日付の読売新聞朝刊夕刊

   文 / 高木圭介


 
 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事