Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2022/12/09

#NHK大河ドラマ#今日は何の日?#公暁#将軍暗殺#昭和54年#源実朝#草燃える#鎌倉殿の13人#鶴岡八幡宮

【今日は何の日?】12月9日=NHK大河ドラマで将軍実朝が暗殺(1979年) / 雑学ネタ帳

神奈川・鶴岡八幡宮.jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

43年前の1979(昭和54)年。現在と同じく毎週日曜夜8時から放送されていたNHK大河ドラマ草燃える』の劇中、鎌倉幕府3代目将軍・源実朝(演・篠田三郎)が、鶴岡八幡宮(写真)の石段にて大銀杏の蔭から飛び出してきた別当・公暁(演・堀光昭)に暗殺されるシーンが放送されました。

かの有名な鉄道唱歌(東海道篇)の7番でも「♪別当公暁の隠れしと 歴史にあるは此蔭(このかげ)よ~」と歌い継がれる歴史上でも有名な出来事です。NHK大河ドラマは63(昭和38)年に放送スタートしていますが、これまで『源義経』(66年)、『新・平家物語』と源平合戦の時代を題材としたものはありましたが、この実朝暗殺シーンまで時代が進んだのは、この『草燃える』が初でした。

この11月27日に放送された『鎌倉殿の13人』の第45話『八幡宮の階段』で、実朝暗殺シーンが放送されたばかりで、印象に残っている方も多いことでしょう。

43年前に放送の『草燃える』では、主人公の北条政子が岩下志麻さん、源頼朝が石坂浩二さん、源頼家が郷ひろみさん、源実朝が篠田三郎さん、北条時政が金田龍之介さん、その妻・牧の方が大谷直子さん、今回の主人公である北条義時が松平健さん、源義経が国広富之さん、三浦義村が藤岡弘、さん、その弟・三浦胤義が柴俊夫さん、和田義盛が伊吹吾郎さんといった豪華キャストでした。

今回の鎌倉殿~の俳優陣と比較してみると、43年という時間経過がリアルに感じられるかと思われます。

登場当初は爽やかな好青年だったものの、どんどん人相が悪くなっていく北条義時を演じた松平健さんはすでに当時、暴れん坊将軍ではありましたが、この義時役の名演でさらに人気俳優に。また、武田鉄矢さん(安達盛長役)や森田順平さん(北条時房役)はこの年10月放送スタートの『3年B組金八先生』でお茶の間の人気者に。源義経を演じた国広富之さんも同じく10月スタートの『噂の刑事トミーとマツ』で大人気となりました。

昔も今も大河ドラマは豪華キャストを揃えるだけでなく、俳優さんのステップボードにもなるようですね。 

    文 / 高木圭介

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事