Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/02/03

#1トン#今日は何の日?#大爆発#昭和38年#板橋区#水道タンク#蓮根#警視庁志村署#鉄人28号

【今日は何の日?】2月3日=板橋区で1トンの水道タンクが20mも空を飛ぶ(1963年) / 雑学ネタ帳

水道タンク.jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

ちょうど60年前の1963(昭和38)年。この日の午後2時頃、東京都板橋区蓮根町(現・蓮根)1丁目の住宅街で、重さ1トンもある水道タンクが突如、大爆発音とともに約20メートルも舞いあがり、民家の屋根を飛び越え、約30メートルも離れた路地へと落下するという事故が起きました。

鉄製の水道タンクの大きさは直径1.5メートル高さ3メートル。そして約1トンの重さです。これが宙を舞ったというのですから、まるで鉄人28号が空を飛んで住宅街に着地したようなイメージですね。

タンクは5年前(58年)に近所の44世帯が共同出資で購入し、簡易水道組合が管理していたもの。5馬力の電気ポンプで地下水をくみ上げてタンク内に溜めては各戸に給水する加圧式です。

家屋の板塀やヒサシを破損し、約15万円の損害が出ましたが、不幸中の幸いで死者やケガ人はなし。タンクが落下した路地は普段、子どもたちの遊び場となっている場所でしたが、この日は雪が降っていたため、人通りが少なかったのです。密集した住宅街での出来事だけに、ほんのわずかタイミングがズレていれば大惨事になるところでした。

1トンもの水道タンクが空を飛ぶという不可解な出来事に、駆けつけた警視庁志村署でも当初は首をかしげるばかりでしたが、その後の見立てで、地下水と一緒にくみ上げられたメタンガスがタンク内に溜まり、電気のショートなどで爆発したものと推測しています。

 参照 : 昭和38年2月4日付の毎日新聞朝刊

  文 / 高木圭介

 

 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事