Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/02/08

#三船敏郎#今日は何の日?#佐藤工業#富山県#昭和34年#熊谷組#石原裕次郎#黒四ダム#黒部の太陽#黒部ダム#黒部トンネル

【今日は何の日?】2月8日=黒部トンネルが開通する(1959年) / 雑学ネタ帳

富山・黒部ダム.jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

64年前の1959(昭和34)年。関西電力黒部第四発電所建設のための資材輸送路として工事中だった黒部トンネル(全長10.193メートル)がこの日の午前中に貫通しました。

黒部トンネルは北アルプス直下の破砕帯(はさいたい)を黒部峡谷に沿って掘り進める難工事。佐藤工業が下流側から、熊谷組が上流側の関電トンネルから掘削して貫通させるという両押方式で掘削されていました。

午前10時、関電の副社長がダム地点の約3,500メートル下流の工事現場に残された2メートルの岩盤に最後の発破をかけるスイッチを押すと、アルプスの地底を揺るがす大爆音とともに発電所とダムの両地点へと新しい風が流れました。

もうもうと立ち込める砂煙の中で、ぽっかりと穴が浮かび出すと、待機していた関西電力、佐藤工業、熊谷組の関係者が一斉に歓声をあげつつ駆け寄りました。10時30分からは貫通式が行われ、祝いの四斗酒樽が勢いよく抜かれ、約700人の関係者による「万歳!」の声と拍手の嵐がトンネル内に響き渡り、大町ルートから繰り出した色電灯に彩られた花電車(バッテリーカー)がうなりをあげて走り出しました。

この黒部トンネル開通によって、建設工事には加速がつき、日本最大級の黒四ダム(黒部ダム)は63年6月に完成したのです。この難工事の記録は木本正次さん作の小説『黒部の太陽』として毎日新聞に連載。この小説を原作とした三船敏郎さん石原裕次郎さんW主演による同名の大作映画も68年に公開されています。

 参照 : 昭和34年2月8日付の朝日新聞夕刊

      文 / 高木圭介

 

 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事