Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/04/14

#イギリス#マーガレット・サッチャー#今日は何の日?#昭和52年#東京教育大学附属中学#筑波大学附属中学,中学校訪問#英国#英国保守党#鉄の女

【今日は何の日?】4月14日="鉄の女"サッチャー女史が日本の中学校を見学(1977年) / 雑学ネタ帳

筑波大学附属中学・高校.jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

46年前の1977(昭和52)年。日本を訪問中だった英保守党の党首、マーガレット・サッチャー女史(当時51歳)がこの日の午後、東京教育大学附属中学(東京都文京区=現・筑波大学附属中学)を訪れ、授業などを熱心に見学しました。

"鉄の女"の異名でも知られるサッチャー女史は1970~74年に教育科学相を務めていた経験もあり、日本の教育システムにも興味津々。案内をする校長先生に「どういう方法で入学希望者を選別するのですか?」などと質問し、同校では附属小学校への入学段階で二次選抜に抽選方式が採用されていることを知り、とても驚いた表情を見せていたそうです。

理科実験室にて行われていた3年3組の生物授業を見学すると、先生に「クラスは何人?」と質問しつつ、顕微鏡をのぞきだすなど授業の内容にも興味津々。その鋭い眼差しと立ち振る舞いを見た中学生たちは「エライ人って感じだね」「ちょっと怖そうなオバサンだな...」などと口にしていたとか。

その後、日本独自となる書道の授業も見学。ここで同行していた取材陣から、日本の学校についての印象をたずねられると「2つや3つのクラスを見て、印象を語るのは早すぎます!」とピシャリ! まさに"鉄の女"の異名通り、生真面目なコメントを残しています。

そんなサッチャー女史が英国史上初となる女性首相に就任したのは、2年後(79年)の5月のことでした。 
 
  参照 : 昭和52年4月15日付の朝日新聞朝刊

  文 / 高木圭介


 

 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事