Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/05/30

#ツバメ#ツバメのヒナ#ツバメの巣#今日は何の日?#昭和46年(1971年)の出来事#東京都#清掃業者#無慈悲#青梅市#青梅市庁舎

【今日は何の日?】5月30日=東京・青梅市庁舎のツバメが災難(1971年) / 雑学ネタ帳

ツバメ(巣の子ども).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

52年前の1971(昭和46)年。東京・青梅市市庁舎の軒先に巣を作り、名物となっていたツバメ一族の巣が払い落とされ、巣立つ直前のヒナ約60羽が全滅するという悲劇が起きました。

この日は日曜日。悲劇は市庁舎に窓ガラスの清掃に訪れていた出入りの業者によって起こされました。午前11時30分頃、作業を開始した作業員がごく当たり前のように、長い棒でツバメの巣を叩き落とし、次々と地面に落下したツバメの巣はバラバラに破壊。そして巣にいた約60羽のヒナが死んだのでした。

あわてて日直の職員が駆けつけた時には、すでに後の祭り。作業員たちは「ガラスを拭いていると(ツバメの)フンで服が汚されるから」とケロリとした顔...。市民から愛されていたツバメの巣は、市庁舎の名物となっていましたが、業者にとっては単なる作業の邪魔物だった模様です。

青梅市では死んでしまったヒナたちを埋葬するとともに、5月31日に業者を呼んで、改めて抗議しました。またこの朝も、巣を失ったツバメ一族は、前日まで巣のあった場所に飛んできては、何やら悲しそうな鳴き声をあげていたそうです。

 参照 : 昭和46年05月31日付の読売新聞夕刊 

  文 / 高木圭介
 

 

 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事