Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/06/14

#1979年の出来事#6月14日は何の日#Macy's#NY#ニューヨーク#ブロードウェイ#マンハッタン#メイシー・デパート#モダン・タイムス#三十四丁目の奇蹟#今日は何の日?#火事#火災

【今日は何の日?】6月14日=世界最大のデパートで火事~15人が死傷(1979年) / 雑学ネタ帳

ニューヨークのMacy’sデパート.jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

44年前の1979(昭和54)年。米ニューヨーク・マンハッタンのブロードウェイ7番街にある世界最大の売り場面積を誇るメイシー・デパート(Macy's)で火災が発生。消防士1人が死亡し、消防士や買い物客が煙を吸い込んだり、軽い火傷などを負いました。

この日の夕方(日本時間は6月15日早朝)、同デパート5階の在庫品置き場の衣服棚から火が出て火災警報のベルが鳴り響きました。店内は夏の観光客らでごった返しており、ただちに「火事だ!(※主に英語で)」の絶叫で大騒ぎに。エスカレーターに客が殺到し、5階でストップしたエレベーター内には煙が充満し、全員が脱出してエスカレーターを駆け下りました。

満員のお客さんの避難は出火から40分後にも続いており、交通混雑の激しい店外の交差点は数千人もの野次馬で大混乱。火災の規模こそ小さかったものの、有名デパートでの火災、救出にあたった消防士が死亡など、社会に大きな衝撃を与えました。

1858年からニューヨークに店舗を構えている同デパートは、チャップリン監督&主演の映画『モダン・タイムス』(1932年)や『三十四丁目の奇蹟』(1947年)の舞台としてもおなじみ。2009年に韓国・釜山市に新世界センタムシティ百貨店がオープンするまで、単独店舗による世界最大面積を誇るデパートであり続けていました。 
 
 参照 : 昭和54年6月15日付の読売新聞夕刊

       文 / 高木圭介

 

 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事