Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/06/22

#ひょっこりひょうたん島#コヨーテ#ドン・ガバチョ#ルーニー・テューンズ#ロード・ランナー#上野動物園#今日は何の日?#昭和42年(1967年)の出来事#鴨池動物園

【今日は何の日?】6月22日=上野動物園に2頭のコヨーテがお目見え。その名前は?(1967年) / 雑学ネタ帳

コヨーテ(2頭).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

56年前の1967(昭和42)年。シートン動物記やルーニー・テューンズのアニメ『ロード・ランナー』でおなじみの動物・コヨーテのオスとメス各1頭が上野動物園に初めてお目見えしました。

大きさこそ、シェパード犬をひと回り小さくした程度ですが、鋭い牙とランランと光る目は、北米で"草原のギャング"と恐れられる通り、まさに野生その物。日本でこそ馴染みの薄い動物ですが、その生息地域では夜に聞こえる「ウーウー」という遠吠えに、恐怖を感じる人が多いのも納得です。

このコヨーテ2頭は、上野動物園の動物病院の中川志郎院長の知人、アラスカ・フェアバンクス米空軍基地勤務のシモンズ獣医が、基地の近くで捕獲し、それを立川基地で獣医部長を務めるリチャードソン少佐を通じて同園にプレゼント。コヨーテは当時、日本国内ではまだ鹿児島・鴨池動物園でしか飼育されていなかったため、上野動物園側も大喜びしたそうです。

2頭のコヨーテはともに2才。オスはすでに「ドン」と命名済みだったため、メスのほうは上野動物園が「ガバチョ」と命名。説明するまでもなく、当時大人気だったNHK人形劇『ひょっこりひょうたん島』の登場人物からの命名です。メスのコヨーテが、ひょうたん島の大統領よろしく、「みなさ~ん」とか「ハタハッハ」と珍妙な遠吠えをしていたわけではありません。
 
 参照 : 昭和42年6月23日付の読売新聞朝刊

 

 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事