Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/06/30

#のり#のりの膜#トラック横転事故#世田谷区#今日は何の日?#散水車#昭和50年(1975年)の出来事#桜新町#糊#警視庁道路交通隊#首都高速3号線

【今日は何の日?】6月30日=首都高がのり付けに(1975年)/ 雑学ネタ帳

のり(文具).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

48年前の1975(昭和50)年。東京都世田谷区新町1丁目の首都高速3号下り線を走行中のトラックが午前9時5分ごろに突如横転。荷台に積んであったポリ容器100個が道路上に散乱し、一部の壊れた容器から、のりが流れ出してしまいました。

「のり」といっても食べる海苔ではなく、文房具の「糊」のほう。ポリ容器に入っていたのりは約2,000リットル。これが幅2メートル、長さ10メートルにわたって流れ出し、たちまち道路上には厚さ4センチほどの「のりの膜」が完成。のり付けとなった道路はとても車両が走行できる状態ではありません。

トラックは東京・墨田区内の、のり製造会社から横浜市内へとのりを運搬中でした。走行中に左後輪のタイヤがパンクしたために横転した模様です。幸いにして運転手さんは無事でしたが、高速道路は1車線が通行止めなり、車が約2キロにわって数珠つなぎとなったそうです。

さて。高速道路上にできた「のりの膜」を、どのようにして除去したかといいますと、駆けつけた警視庁道路交通隊は、まず現場に大量の砂をまき、その後に散水車で砂と混ざったのりを洗い流したとか、この作戦によって事故から約1時間半後の午前10時30分には無事、通常に戻ったそうです。

 参照 : 昭和50年6月30日付の読売新聞夕刊

    文 / 高木圭介


 

 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事