Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/07/07

#マンホール#下水#今日は何の日?#地上最大の宝捜し#小田急デパート#新宿西口#新宿西口ハルク#昭和38年(1963年)の出来事#泡#洗剤#靴拭き用マット

【今日は何の日?】7月7日=新宿西口の道路が泡まみれ(1963年)/ 雑学ネタ帳

新宿駅西口(小田急ハルク).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

ちょうど60年前の1963(昭和38)年。午後5時すぎ、東京・新宿西口小田急デパート(現在の新宿西口ハルク)前にある3つのマンホールのすき間から、ブクブクと白い泡が噴き出しては盛り上がり、たちまち道路いっぱいに広がってしまいました。

小さい泡は風に舞い上がり、大きな泡は通行人の顔や足にペチャッ!......迷惑です。 

実はこの日、小田急デパートの屋上にて「地上最大の宝捜し」なるイベントが催されており、その中で洗剤の中へと埋められたダイヤモンドをお客さんに捜させるというコーナーがありました。イベント終了後、飛び散った洗剤をホースで洗い流して清掃していたところ、大量の洗剤が混ざった水が下水へと流れ込んだのが原因だったのです。

小田急の店員さんたちが道路上に飛び散った泡をホースで洗い流そうとしても、白い泡はますます広がるばかり...。思案の末、出入口に敷かれていた靴拭き用のマットを利用し、泡の山を上から押し潰す作戦へと変更。悪戦苦闘の末、約1時間後にようやく泡は退治されたとか。

夏ということもあり、店員さん一同、汗びっしょりとなっていたそうです。

 参照 : 昭和38年7月8月付の毎日新聞朝刊

          文 / 高木圭介
 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事