Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/07/17

#ムササビ#今日は何の日?#国鉄#多摩動物公園#昭和48年(1973年)の出来事#無賃乗車#立川駅#青梅線#青梅駅

【今日は何の日?】7月17日=ムササビが国鉄青梅線で無賃乗車?(1973年)/ 雑学ネタ帳

ムササビ(赤ちゃん).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

ちょうど半世紀前の1973(昭和48)年。早朝5時8分、国鉄(現・JR東日本)の立川駅ホーム(東京都立川市)に到着した青梅線(4両編成)の2両目屋根、パンタグラフの脇にムササビ(全長約30cm)がチョコンと座っているのを車掌さんが発見しました。

車掌さんをはじめ、手の空いていた駅員さん総動員で約20分の大捕物の末、やっとこさ捕獲に成功。このムササビの身元をめぐり、駅員さんたちもかんかんがくがく。結局、緑豊かな青梅駅付近に住むムササビが、何かの拍子で4時38分に青梅駅を発車した電車の屋根に飛び乗ってしまい、そのまま18.5km、立川駅に到着するまで30分の"ぶらり無賃乗車の旅"を楽しんでいたと結論づけられました。 

立川駅では、すぐそばの多摩動物公園(東京都日野市)に連絡して、この無賃乗車ムササビを引き取ってもらうことにしたそうです。

 参照 : 昭和48年7月17日付の読売新聞夕刊

  文 / 高木圭介

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事