Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/07/26

#アメリカ・カナダ公演#メトロポリタン・オペラ・ハウス#今日は何の日?#夏ノ宮千世子#天津乙女#宝塚#宝塚歌劇団#寿美花代#時風子#氷川丸#浜木綿子#藤里美保#飛鳥妙子

【今日は何の日?】7月26日=宝塚ガール52名がアメリカ、カナダ公演に出発(1959年)/ 雑学ネタ帳

氷川丸(横浜・山下公園).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

64年前の1959(昭和34)年。宝塚歌劇団の一行52名が14週間という、かなり大規模なアメリカ、カナダ公演に向けて、この日の午後3時、横浜港から日本郵船の氷川丸(写真は現在の姿)に乗って出発しました。 
 
メンバーは当時、劇団理事でもあった天津乙女さんをはじめ、寿美花代さん(俳優の高嶋政宏さん、高嶋政伸さんの母)、浜木綿子さん(俳優・香川照之さんの母)、夏ノ宮千世子さん藤里美保さん時風子さん飛鳥妙子さんら52名からなる大所帯でした。

一行は「ザ・タカラヅカ・ダンス・シアター」の名称で8月10日にカナダ・バンクーバーにて太平洋地域第2回国際芸術祭に出演し、以降14週もの長期間にわたってアメリカとカナダの各地区を公演。とくにニューヨークのメトロポリタン・オペラ・ハウスでは、「花田植」などを15日間にわたって上演しました。

当時の旅は大変な苦労とハードスケジュールが伴いました。まず兵庫県宝塚市を旅立った一行は7月24日の夜8時に「特急はと」にて東京駅に到着。翌7月25日には午前から2班に分かれて外務省大蔵省日本郵船など各関係先に挨拶回り。午後12時30分からは丸の内の東京會舘にて東宝及び、宝塚歌劇団主催の歓送パーティーに出席します。

続いて午後2時20分からと、夜7時20分の2回にわたって公演中の東京宝塚劇場の舞台からファンに「元気で行ってきます!」と挨拶。そして出発当日(7月26日)は朝8時30分には芝日本女子会館の宿舎を出て、9時30分に横浜港に到着。そのまま横浜港の中央突堤にて記念撮影を行い、税関手続きを経て午後2時に氷川丸に乗船。そして午後3時に出港し、一路、アメリカを目指したのでした。

今も昔も、一般人ならたちまちダウンしてしまうようなタイトかつハードなスケジュールを、笑顔とともに遂行していくのも、宝塚歌劇団の伝統なのかもしれませんね。 

  参照 : 昭和34年7月25日付の朝日新聞夕刊

   文 / 高木圭介

 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事