Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/07/29

#ウナギ#オート三輪#丑の日#今日は何の日?#千代田区#昭和34年(1959年)の出来事#東京都#皇居#祝田橋交差点#脱線#衝突事故#警視庁丸の内署#都電

【今日は何の日?】7月29日=東京・祝田橋交差点で都電とオート三輪とウナギが大騒動(1959年)/ 雑学ネタ帳

07月29日(都電とオート三輪とウナギ).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

64年前の1959(昭和34)年。朝6時20分ごろ、東京・千代田区の祝田橋交差点にて、ウナギ売買業者の男性(37)が運転するオート三輪が、渋谷発水天宮行の都電と激突しました。

運転していた男性と助手の男性(25)が腕や頭部などに全治10日の負傷。日比谷病院へと運ばれ、激突された都電も前部を破損したうえに脱線。復旧までに約40分がかかりました。

ところが大変だったのは、この後です。オート三輪に積まれていたウナギ20kg分の箱2つが、路上へと投げ出され、壊れた箱から大量のウナギが逃げ出してしまったのです。

ニョロニョロと路上をはい回るウナギの姿に、警視庁丸の内署では近くの交番などから巡査6人を動員したものの、逃げ回るウナギを相手に大苦戦。ウナギをつかんだり、ドジョウすくいよろしく、すくい上げたりと慣れない作業に四苦八苦。結局、逃げ出したウナギを片付け終わるまでに、30分もかかってしまったとか......。

同署の調べによりますと、オート三輪は翌7月30日の丑の日の注文で、問屋さんからの注文でウナギを売りに行く途中、祝田橋交差点でスピードを落とさないままカーブを曲がってしまったことが事故の原因だったそうです。

場所が場所なだけに、そのまま皇居のお堀へとニョロニョロドボンと逃げ込んだウナギはいなかったのか?も気になるところですね。

 参照 : 昭和34年7月29日付の朝日新聞夕刊

  文 / 高木圭介

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事