Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/09/20

#キャバレー#両国#今日は何の日?#墨田区#大相撲#旭国#昭和50年#東京都#火事#秋場所#立浪親方#立浪部屋#若三杉#若虎#蔵前国技館

【今日は何の日?】9月20日=大相撲秋場所中、立浪部屋の力士たちがキャバレー火事を"押し出し"(1975年)/ 雑学ネタ帳

09月20日(力士).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

48年前の1975(昭和50)年。深夜というか早朝の3時53分ごろ、東京都墨田区両国2丁目のキャバレー「東宝」から煙が噴き出しているのを、道を一つ隔てた大相撲・立浪部屋にいた幕下力士・若虎さん(当時21歳)が発見。ただちに同部屋の立浪親方(元関脇・羽黒山)が119番通報しました。 

現場には本所消防署から15台の消防署が出動し消火にあたりましたが、木造モルタル2階建ての同キャバレー1棟は全焼。鎮火されたのは午前5時23分ごろ。同消防署では、たばこの火の不始末が原因と見ています。

立浪部屋では出火当時、関脇の旭国関をはじめ、25人の力士たちが眠っていましたが、発見と同時に約20人もの若い力士たちがパンツ一丁で外へと飛び出します。力士たちは消火活動を手伝おうとしましたが、その時にはキャバレー内部にまで火が回っており、すでに手がつけられる状態ではありません...。

立浪部屋(木造2階建て)への延焼を恐れた力士たちは、立浪親方と旭国関の陣頭指揮によるバケツリレーで、部屋の屋上へと水をくみ上げ、屋根の上に水をまき、火が燃え移るのを防ぎました。

部屋は無事とあり、安堵の表情の立浪親方でしたが、大事な本場所中に力士たちの生活リズムが狂ってしまったとあって、「普段よりも2時間も早く起こされたうえ、消火活動で駆け回った若い衆が、コンディションを崩さないだうか?」と心配顔。鎮火後、ただちに力士たちを寝かせたうえで、普段よりも2時間遅れで朝稽古をスタートさせたそうです。

ちなみにこの日の夕方(秋場所7日目=蔵前国技館)にて、部屋頭の旭国関は、西前頭二枚目だった若三杉関(のちの第56代横綱・若乃花)に下手投げで黒星を喫しています。
 
 参照 : 昭和50年9月20日付の読売新聞夕刊

                       文 / 高木圭介

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事