Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/10/13

#今日は何の日?#地下鉄#地下鉄2号線#数寄屋橋#日比谷線#昭和37年(1982年)の出来事#東京オリンピック#東京行進曲#街路灯#街路灯最後の夕#銀座#銀座の柳

【今日は何の日?】10月13日=銀座の街路灯に、しばしお別れ(1962年)/ 雑学ネタ帳

銀座の街路灯.jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

61年前の1962(昭和37)年。この日の午後6時ごろ、東京・銀座の数寄屋橋交差点の歩道に「蛍の光」のメロディが流れ出し、土曜の夜を楽しむ人出の足をしばし止めました。

地下鉄2号線(現・東京メトロ日比谷線)の工事のため、この日をもって、銀座名物の街路灯が、完成までしばし撤去されることとなり、銀座地下路線工事対策委員会が「街路灯最後の夕」が催したのでした。

♪昔恋しい~と戦前の大ヒット曲『東京行進曲』(歌・佐藤千夜子)で歌われた銀座の柳も、約1か月前から取り払われ始め、街路灯もまた数寄屋橋から三原橋にかけての51本が、この日より姿を消すことになったのです。

10月中には日比谷公園のお堀端寄りの樹木1,000本も切り倒されたり、お引っ越しすることに。2年後(64年10月)に開催される東京オリンピックまでに、日比谷線の開通を間に合わせるため、かなりの突貫工事が強いられていたのでした。

柳に続いて街路灯まで失った地元商店の若い旦那衆は、紅白の幕を張りめぐらせた空き地に集いつつ「銀座の明日の発展のため仕方ない」と言いつつ乾杯。『東京音頭』や『東京行進曲』など古いレコードに耳を傾けつつ、感慨深げだったそうな。

こうした犠牲を払いつつ、工事が進められていた地下鉄日比谷線が全線(中目黒~北千住)で開通したのは、64(昭和39)年8月29日のこと。東京オリンピック開会式(10月10日)の42日前のことでした。

 参照 : 昭和37年10月14日付の朝日新聞朝刊

         文 / 高木圭介

 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事