Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2023/11/22

#お酒のドロップ#今日は何の日?#佐藤食品工業#名古屋市#愛知県#昭和41年(1966年)の出来事#特許出願中#白い粉末#粉末アルコール#製法特許#酒税法

【今日は何の日?】11月22日=業界初! 粉末アルコールが初披露(1966年)/ 雑学ネタ帳

11月22日(粉末酒).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

57年前の1966(昭和41)年。佐藤食品工業株式会社(本社・名古屋市中村区=当時)にて、それまで製造は不可能とされてきた「粉末アルコール」が初披露されました。

大々的に「業界初」が謳われた粉末アルコールは、お酒の香気成分とアルコールをそのまま残し、水分だけを特殊な方法で取り除いた同社の発明でした。目下、特許出願中とあって、その製造法云々については、お披露目の場でも「秘伝中の秘」とシークレットとされました。

40%のアルコールを含む粉末酒は、純白の粉末状で、なめるとかなりの刺激を受けるそうです。佐藤食品側も「さしあたり料理用だが、医薬品にも使えるし、ドロップ式の酒も夢ではない」と猛アピール。とくに「ドロップ式のお酒」の部分は全国の酒飲みたちに大きな希望と期待を抱かせたのでした。

現在、粉末酒は酒税法でも正式承認されており、1980年代には世界主要17か国で製法特許を取得しています。しかし、その利用法は「お酒のドロップ」というよりは、お菓子やコーヒーや紅茶などの嗜好飲料、嗜好食品、各種スープ、水産・畜産加工食などなど幅広い食品に使用されるものとなっています。

 参照 : 昭和41年11月23日付の毎日新聞朝刊

         文 / 高木圭介
 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事