Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2024/01/30

#トマソン#ドジャース#プロ野球#ロサンゼルス・ドジャース#今日は何の日?#昭和56年(1981年)の出来事#読売ジャイアンツ#読売巨人軍#赤瀬川原平#超芸術トマソン

【今日は何の日?】1月30日=読売ジャイアンツの新戦力・トマソンが来日(1981年)/ 雑学ネタ帳

01月30日(トマソン).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

43年前の1981(昭和56)年。プロ野球、読売ジャイアンツ(当時、藤田元司監督)期待の新外国人選手として、前年まで米ロサンゼルス・ドジャースで活躍していたゲーリー・トマソン選手が待望の来日を果たしました。

トマソン選手は185cm、82kgで左投げ左打ち。強肩と強打で活躍しており、前年秋の王貞治選手引退によって大きな穴が空いてしまった巨人打線の補強策として、トマソン獲得に乗り出し、成功した形です。

夕方5時。濃紺のスーツにネクタイ姿で成田空港に到着したトマソン選手は、報道陣からのフラッシュに堂々たるVサインで応えつつ「日本への引っ越し準備のため、満足なトレーニングはできなかったが、コンデイションは上々だ。早く日本の野球に慣れたい」「調整ミスさえなければ、かなり活躍できると思う。セールスポイントはスピード、強肩、若さだ」と自信たっぷりにコメント。若き大物メジャーリーガーのは大きな期待が集まりました。

2月1日にはキャンプ中である宮崎に入り、巨人ナインと合流。背番号12をつけたトマソン選手は"世界の王"に代わる4番打者として注目を集めました。

ところが......。いざ開幕すると、なかなか成績が上がりません。もちろん実力不足などではなく、明らかに日本の野球に慣れないまま...といった感じです。シーズンが終わってみると、ホームラン20本、打率は261とまあ良好なのですが、三振数が132と圧倒的だったのです。しかもメジャー仕込みの豪快なフルスイングで空振りを繰り返す姿が印象的だったため、メディアなどでも「舶来大型扇風機」「トマ損」などと揶揄される始末です。

2年目にはさらに成績も試合出場数も落ち込み、ついには82年限りで解雇。トマソン選手は寂しく米国へと帰っていきました。

しかし「トマソン」の名は意外な所で日本に残りました。前衛芸術家であり作家でもある赤瀬川原平さんらが、建築物など、そこに存在、保存はされているものの、何の役にも立っていない無用の長物をトマソン選手にちなんで「超芸術トマソン」と命名。以降、トマソンとはその手のモノを指す言葉として日本国内で生き続けています。

 参照 : 昭和56年1月31日付の読売新聞朝刊

      文 / 高木圭介


 

 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事