Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2024/06/03

#おもちゃのピストル#今日は何の日?#住友銀行#大井競馬場#支店長代理#新宿区#昭和44年(1969年)の出来事#東京都#角筈#警備員#警視庁淀橋署#銀行強盗#防犯演習

【今日は何の日?】6月3日=銀行職員が「おもちゃのピストル」を見破り、強盗逮捕・新宿(1969年)/ 雑学ネタ帳

06月03日(おもちゃのピストル).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

55年前の1969(昭和44)年。午後3時5分ごろ、東京・新宿区角筈1丁目(現・新宿3丁目付近)の住友銀行(現・三井住友銀行)新宿支店の通用門に、若い男が現れ、警備員男性(41歳)に「多額の預金をしたいので、支店長に会わせてほしい」と頼みました。

警備員が1階の第三応接室へと通し、支店長代理の男性(41歳)と2人して応対したところ、男は「1人だけに会いたい」と警備員男性を外に出しました。ボサボサの髪、そしてスポーツシャツという男のラフな格好に不審な何かを感じた支店長代理が、再び警備員を室内へと連れ戻すと、男は背広の右内ポケットからピストルを取り出し「金を出せ!」と脅したのでした。

危険な場面でしたが、支店長代理と警備員男性は、8日前の5月26日に警視庁淀橋署員から防犯指導を兼ねて、本物とニセモノのピストルの見分け方を教わったばかりでした。

2人は瞬時に「銃口が大きすぎる」「ニセモノだ」と見破ります。警備員がピストルを払いのけると同時に、二人がかりで男に飛び掛かって押さえつけました。

強盗にとって、さらに不運だったのは、ちょうどその時、同銀行には検察庁から頼まれた書類作成のために、淀橋署の巡査部長と巡査長が来店しており、隣の部屋にいたことです。ただごとではない物音に、ただちに第三応接室に飛び込んできた巡査部長と巡査長も加わって、あっという間に強盗は逮捕されたのでした。

強盗は青森市出身の22歳。2年前から西浅草(台東区)の牛乳販売店で住み込みで働いていましたが、故郷へと帰るために5月20日に退職。その後は都内を転々としていましたが、大井競馬場にて貯金16万円をほとんど使い果たしてしまい、故郷へ帰る汽車賃をも失い、銀行強盗を思い立ったそうです。

お手柄の支店長代理と警備員の"41歳コンビ"は「防犯演習が役に立った」と語っていたそうな。ポイントは銃口の大きさだったのですね。
 
 参照 : 昭和44年6月4日付の毎日新聞朝刊

 文 / 高木圭介

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事