Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2024/07/08

#NHk大河ドラマ#アルフ号#サーカスの軽業師#中央区#京橋#今日は何の日?#宇野重吉#怪盗#日本橋#昭和40年#昭和47年#東京都#蜘蛛の陣十郎#警察犬#赤穂浪士#銀座

【今日は何の日?】7月8日=銀座の怪盗・蜘蛛の陣十郎が名犬アレフ号に敗れる(1972年)/ 雑学ネタ帳

07月08日(蜘蛛の陣十郎).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

52年前の1972(昭和47)年。サーカスの軽業師から泥棒へと転身。65(昭和40)年には東京・銀座付近のビルを軒並み荒らして"蜘蛛の陣十郎"の異名で騒がれた怪盗が、刑務所から出所後の初仕事中、警察犬・アルフ号に見つかり逮捕されました。
 
深夜1時ごろ。中央区日本橋3丁目の三晶ビルの外側壁でミシミシと音がするのに、同ビル管理人が気がつき110番通報。ただちに警視庁中央署員が現場に急行すると、同ビルと隣のビルの約50cmほどのスキ間から、3階建ての三晶ビル屋上をめがけて登っていく男の姿を発見。

非常招集を受けた同署員40人が付近を包囲し、警察犬のアルフ号クラウディス号を出動させて捜索したところ、午前4時ごろ、アルフ号がビルの間に隠れていた男を見つけて吠えかかり、警官が追跡して逮捕。男の正体は7年前に同じく銀座周辺で騒がれ、警視庁でも手を焼かされた"蜘蛛の陣十郎"その人でした。捕まった時の格好は裸足黒いシャツ黒いトレ―ニングパンツ姿でした。

男は沖縄県首里市生まれ。住所不定、無職の52歳。窃盗の前科10犯があります。サーカスの軽業師時代に培われた身体能力を活かし、ビルのスキ間をはい上がっては侵入する手口で、65(昭和40)年には銀座、京橋、日本橋のビル街で120件、1,000万円を荒稼ぎ。"蜘蛛の陣十郎"なる異名は前年(64年)にNHKで放送されていた大河ドラマ『赤穂浪士』の登場人物(演じていたのは宇野重吉さん)から取られたもの。その後に大阪で逮捕され、高松刑務所で服役していました。

さる6月25日に出所すると、その足ですぐに東京に舞い戻り、さっそく初仕事にとりかかっていたところをアルフ号に発見されたのでした。

蜘蛛の陣十郎は「久しぶりなのでカンが狂った。昔ならビルづたいに簡単に逃げられた」と寄る年波を嘆いていたそうです。

陣十郎の服役1年目(66年)に誕生したアルフ号は、栃木・真岡市の猟銃強奪事件(71年)や、連合赤軍のあさま山荘事件(72年)などで大活躍。これまで警視総監賞2回警察庁刑事局長賞2回警視庁刑事部長賞を9回など、合計109回もの表彰歴を持つ、名警察犬でした。

 参照 : 昭和47年7月9日付の読売新聞朝刊

          文 / 高木圭介
 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事