Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 今日は何の日?雑学 2024/07/11

#BHC#ゴキブリ#ハエ#ヘリコプター#ベンゼンヘキサクロリド#三鷹市#伝染病#保谷市#保谷町#北多摩郡#昭和36年#東京都#薬剤散布#蚊#西東京市

【今日は何の日?】7月11日=害虫退治にヘリコプターで薬剤散布・保谷(1961年)/ 雑学ネタ帳

07月11日(ヘリコプター).jpg

 《画像はイメージです》

介護のみらいラボ編集部コメント

高齢者や同僚との話題が浮かばないときにすぐ使える、ウケる、会話が自然と広がる、雑学ネタや豆知識が盛りだくさん!コミュニケーションの活性化にお役立てください。

63年前の1961(昭和36)年。暑さが上昇するとともに本格的な伝染病シーズンが到来。東京・北多摩郡保谷町(現・西東京市)ではヘリコプター2機を投入して、空から薬剤散布を行い、ハエゴキブリの一掃に乗り出しました。

まるで終戦直後を思わせる豪快な手法ですが、これには理由があります。この年、保谷町ではまだ集団的な伝染病は発生していませんでしたが、近隣の三鷹市では小児マヒ集団赤痢が相次いでいたこともあって危機感を募らせ、これら伝染病を媒介する害虫を徹底的に駆除する作戦だったのです。

当初は早朝4時から8時にかけてヘリコプターを飛ばす予定でしたが、濃霧のために断念。朝7時30分から11時30分にかけて、4時間にわたって全町の8.7平方kmに、くまなくBHC(ベンゼンヘキサクロリド)を散布したのでした。

空からの薬剤散布にかかった費用は、ヘリコプターのチャーター代が30万円、BHCが5トン分で30万円と、計60万円也の費用。それでも立体的な散布方法と、速効性のあるBHCの使用により、大きな効果が期待されたのでした。
 
なお、DDTやBHCなど有機塩素系の殺虫剤は、残留性や魚毒性などの問題で69(昭和44)年から71(昭和46)年にかけて生産が中止されています。
 
 参照 : 昭和36年7月11日付の読売新聞夕刊

          文 / 高木圭介


 

 

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

最新コラムなどをいち早くお届け!
公式LINEを友だちに追加する

お役立ち情報を配信中!
X(旧Twitter)公式アカウントをフォローする

介護職向けニュースを日々配信中!
公式Facebookをチェックする

SNSシェア

高木圭介(Keisuke Takagi)

フリーライター

1969年、神奈川県川崎市出身。学生時代はレスリング選手として活躍。93年に東京スポーツ新聞社に入社しプロレスや格闘技を中心に取材。社会、レジャー担当記者、デスクを経て2014年9月に退社。現在はフリーライター兼コラムニストとして活動中。主な著書は『ラテ欄で見る昭和』(マイウェイ出版)、『新日本プロレス50年物語 第2巻 平成繁栄期編』(ベースボール・マガジン社)など。

高木圭介の執筆・監修記事