Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

仕事・スキル 介護職のスキルアップ 2022/12/19

#みんな知らない高齢者の世界#インタビュー#コミュニケーション

年を取るとなぜ耳が遠くなるの?加齢性難聴の原因とコミュニケーションのコツ|みんな知らない高齢者の世界

取材・文/タケウチ ノゾミ(イージーゴー) 01.jpg

「大きな声で話しかけているのに、話の内容を分かってもらえない」「何度話しかけても返事がない」など、高齢者とのコミュニケーションに困っている方も多いでしょう。年を取ると耳が遠くなり、段々と音が聞こえにくくなるため、会話も難しくなってしまいます。

では、耳が遠い人とコミュニケーションを取るにはどうすれば良いのでしょうか。『老人の取扱説明書』著書の平松類先生に、年を取ると耳が遠くなる理由や、効果的なコミュニケーションの方法について伺いました。

1.年を取ると、どうして耳が遠くなるの?

――そもそも、どうして年を取ると耳が遠くなるのでしょうか。

加齢性の難聴が生じる理由は、「伝音性」といって、耳から音を伝えることが不得意になるためです。具体的に言えば、音が鳴っていること自体は分かっても、その音が普通よりも小さく感じてしまうんですね。結果として、今までと同じ音を聞き取れなかったり、話の内容が分からなくなってしまったりと、日常生活にも支障が出てきます。

なので、話しかけても返事をしないのは無視している訳ではなく、本当に聞こえていないケースが非常に多いです。加齢性の難聴は60代くらいから見られるようになり、70代では50%、80代では70%以上が難聴となります。80代以上の方と話す際には、話はほとんど聞こえていないと思った方が良いかもしれません。



2.聞こえづらくなる音・なりにくい音

――年を取ると、具体的にどのような音が聞こえづらくなるのですか。

年齢を重ねると「キーン」とするような、高音域の音が聞き取りにくくなることが多いです。「じゃあ低音域の音なら聞こえるの?」と思うかもしれませんが、低い音はそれほど聞こえにくくなりません。

つまり、年を取ると一律に音が聞こえなくなる訳ではなく、聞こえなくなる音に違いがあるんですね。たとえばある高齢者の方がいたとして、若い女性が話しかけた際には返事をしないのに、声の低い男性が話しかけた際には返事をするケースがあります。これは女性を無視している訳ではなく、そもそも女性の声が高いため聞こえていません。

なので低音域が聞こえている高齢者の方を見て、「この人は聞こえているはずだから、わざと無視しているんだ!」と考えるのは誤りです。耳が遠くなると全ての音が聞きづらくなると思わず、聞こえやすい音に差があることを理解するのが重要です。

3.耳が遠くなることで生じるリスク

――耳が遠くなることで生じるリスクはありますか。

耳が遠くなることで生じる大きなリスクは、認知機能が低下してしまうことですね。難聴だと認知症になりやすいことが分かっており、難聴の人は聴覚に問題がない人と比べると、認知機能が6.8歳年齢を重ねた状態と同様になると考えられています。

また当然ですが、会話が成立しづらいことも難聴のリスクの一つです。相手が喋っていることが分からないため、周りとのコミュニケーションも少なくなり、話しかけられることが億劫になったり、テレビを見ても内容が理解できなくなったりしてしまいます。

さらに、介護に不快感や不満を持ちやすいことも挙げられます。介護者は本人に説明したつもりでも、本人には全く聞こえていないケースも多いので。すると高齢者は「突然身体を触られた」などと感じるため、結果として不快感に繋がりやすくなります。



4.耳が遠くなった人とのコミュニケーションのコツ

――耳が遠くなった人とのコミュニケーションのコツがあれば教えてください。

コツは大きく3つあります。まずは声をなるべく低くして、ゆっくり話すことです。先程も触れたように高い声は聞き取りづらいため、なるべく低い声で話しかけてみてください。

もちろん、ゆっくり話すことも重要です。耳が悪い人に早口で喋っても、なかなか聞き取ってもらうことはできません。相手が話すスピードと同じ速さで話したり、単語を区切って話したりすると聞きやすくなりますね。

また滑舌良くハッキリと喋ることも重要です。滑舌良く話す方が聞こえやすいのは若い人も同じで、なるべく口の動きを大きくした方が聞き取りやすくなります。聞こえやすい方の耳が分かっている場合は、そちら側から話しかけるのも良いでしょう。

さらに書いて伝えるなど、聴覚ではなく視覚から訴えることも効果的です。ただ認知機能が低下している場合もあるので、長文ではなくなるべく短文にすると良いですね。全体的に「どううれば伝わりやすくなるか」を意識することがポイントだと思います。

取材・文/タケウチ ノゾミ 編集/イージーゴー

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

SNSシェア

タケウチ ノゾミ(Nozomi Takeuchi)

ライター・編集者

福岡市在住のフリーライター・編集者。介護、医療、ビジネスを中心に幅広いジャンルの記事を執筆。趣味は観劇と美術鑑賞、猫を揉むこと。

タケウチ ノゾミの執筆・監修記事

EGGO(イージーゴー)

イージーゴーは東京・九州を拠点にWEBコンテンツ、紙媒体、動画等の企画制作を行う編集制作事務所です。ライターコミュニティ「ライター研究所」も運営しています。

EGGOの執筆・監修記事

介護の仕事・スキルの関連記事

  • 介護職のスキルアップ

    2024/02/08

  • その表情、誤解を与えていませんか?|人間関係をガラリと変えるコミュニケーション技術(5)

  • 文/大谷佳子
  • 介護士の常識

    2024/02/07

  • 高齢者におすすめの趣味10選!メリットや探す際のポイントを解説

  • 文/長谷部宏依(介護福祉士・社会福祉士・ケアマネジャー)
  • 介護士の常識

    2024/02/05

  • 要介護3とは?状態や利用できるサービス、留意点を解説

  • 文/福田明(松本短期大学介護福祉学科教授)
もっと見る