Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/06/15

#給料#葛飾区#新型コロナ#人材確保#介護経営#介護事業所

コロナ対応の介護職に1日5000円支給 葛飾区 濃厚接触者の宿泊費も補助

※ 葛飾区役所.jpg

※ 葛飾区役所

介護のみらいラボ編集部コメント

葛飾区が新型コロナのご利用者に対応した介護職に補助金を出すことを決定しました。申請は事業所単位で、最大2週間1日5000円。2021年4月まで遡って申請できます。
また、濃厚接触者認定された介護職にはさらに 宿泊費として1日5000円を最大13日分補助するとしています。

東京都葛飾区は、新型コロナウイルスに感染した高齢者のケアにあたる介護職への独自の支援策を始める。1日あたり5000円を最大で2週間支給する。【北村俊輔】

あわせて、感染者に対応した介護職が濃厚接触者となって自宅へ帰れなくなった場合に、宿泊費として1日5000円を最大で13日分補助する。適切なサービス提供体制の維持、確保につなげたい考えだ。

区内の施設系サービス、訪問系サービス、居宅介護支援、障害者施設などに従事する介護職を対象とする。

このうち施設系サービスなどには、新型コロナの治療を終えて退院した高齢者が元の施設へ再入所した場合について、いわゆる"かかりまし経費"の補助を拡充することも決めた。高齢者1人につき3万円を追加的に支払うという。

申請はいずれも事業所単位。今年4月までさかのぼることが可能という。葛飾区は財源の2000万円を今年度の補正予算案に盛り込んだ。補正予算案は今月中に成立する見通し。

葛飾区では今年1月から3月にかけて介護施設などでクラスターが続発。医療機関の病床が逼迫し、感染した高齢者に施設内で療養してもらわざるを得ない事態に至った。

区の担当者は、「介護職も医療職と同様にリスクを負っているがサポートは少ない」と説明。「これまでは防護具や消毒液など物品で支援してきたが、今回の新制度を通じて介護職を更に後押ししていきたい」と話した。

(関連記事 記事上部#タグでも関連記事の表示ができます)

介護職員のお財布事情、徹底調査 みんな、いくらもらってる!?

介護職の職場や悩みに関する記事一覧を見てみる

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:介護のニュースサイトJOINT

SNSシェア