Produce by マイナビ介護職 マイナビ介護職

介護の未来ラボ -根を張って未来へ伸びる-

ニュース 医療介護最新ニュース 2021/06/25

#補助金#骨太方針#医療#新型コロナ#日医

コロナ減収の補填は対象をできるだけ広く 骨太方針2021で見解 日医会長

中川会長.jpg

中川会長

介護のみらいラボ編集部コメント

新型コロナウイルス患者を受け入れて減収した医療機関への経営上の支援について、日本医師会の中川会長がそれを評価する見解を示し、なるべく広く後方の関連機関に至るまで支援がいきわたるよう対象を広くとってほしいと要望しました。

 日本医師会の中川俊男会長は23日の記者会見で、「経済財政運営と改革の基本方針2021」(骨太方針2021)の閣議決定を受けて、新型コロナウイルス感染症患者を受け入れる医療機関に対し、減収への対応を含めた経営上の支援が盛り込まれたことを評価する見解を示し、減収分の補填はコロナの重点医療機関だけでなく、後方支援医療機関を含め、できるだけ広く対象とすることを求めた。【齋藤栄子】

 医療費適正化計画については、都道府県の役割や提供体制整備の達成状況について、責務の明確化などが盛り込まれたが、都道府県の業務量がさらに増えることに懸念を示した。コロナ対応でも業務量増加などでパンクするケースが見られるなど、今はコロナ対応に心血を注いでいる状態であることから、法整備を優先するのではなく、現在のコロナ対応で判明した実態や得られた知見を十分踏まえつつ、しっかりと議論を尽くして策定されるべきだと話した。

 また、病院機能や医療専門職人材の集約化を国は求めているが、医療資源を多く必要とする専門的な医療は、広域的に基幹病院で集約することは有効だが、日常的で頻度の高い医療ニーズは地域の実情を踏まえたきめ細かい対応が必要であるため、バランスに配慮して進めるべきだとした。集約に向けては地域医療連携推進法人の活用が提案されているが、国や都道府県主導のM&Aの推進などにつながる恐れを懸念しており、動向を注視する。

 骨太方針2021のデータヘルス改革に関しては、長島公之常任理事から説明があった。改革推進のためには、オンライン資格確認と医師資格証のインフラ整備、予防のITシステムの相互連携、電子カルテの標準化などが必要で、保険医療機関は一般企業のように対策費を価格に転嫁できないため、公費の支援も必要だと話した。中でも、電子カルテの一元化は、問題の究極的な解決策だと強調する一方、ITへ対応できない国民が取り残されないよう、きめ細かな対応を求めた。

長島常任理事

 また、日医が発行する「医師資格証」について、現在、電子署名等で利用されていると説明。今後、構築される電子処方箋の運用でも必須のものとなるため、全医師への普及を目指し、日医会員への発行・更新時の費用無料化に加えて、新たに医師免許を取得した医師には今年以降、非会員でも無料提供する方針を明らかにした。

(関連記事 記事上部#タグでも関連記事の表示ができます)

第13回 介護福祉士等ができる医療的ケアの内容について

介護の仕事・スキルの記事はこちら

【日本全国電話・メール・WEB相談OK】介護職の無料転職サポートに申し込む

出典:医療介護CBニュース

SNSシェア